様々な角度から肩こりと腰痛を和らげる方法

MENU

様々な角度から肩こりと腰痛を和らげる方法

肩こりを和らげるストレッチから紹介します。両肩を思いっきり上に引き上げます、数秒そのままキープし、すとんと肩を落とします。これを5回ほど繰り返します。次に肩甲骨が引っ付くぐらい引き寄せて、逆に引き離すようにボディービルダーの方がポーズを決めるようにゆっくりで大丈夫です。これも数回繰り返します。次は左手で右腕を斜め下にゆっくり引っ張ります。それと同時に頭を左肩にあてるようにゆっくりと傾けていきます。すると右の肩の筋や筋肉が気持ちよく伸びます。数秒キープして次は右手で左腕を持ち右斜め下にゆっくりと引っ張ります。それと同時に頭を右肩に向かって傾けます。肩こりが続いているとそれにつられて首の筋肉も固くなっていき、血流が悪くなって頭痛もおこってきます。なので、首の筋肉のストレッチもしましょう。両腕で後頭部を持ち、ゆっくり首を前に傾けていくと首の筋肉が伸びます右にもゆっくり傾け、左にも傾けます。最後に首を一周ゆっくり回しましょう。同じだけ反対周りもしましょう。肩こりに効果があるツボは肩のちょうど真ん中にあります。親指で上からぐっと力を入れて指圧しましょう。首のこり頭痛もある場合は首と頭の境目をマッサージしましょう。お風呂の中でも、色々あります。半身浴をし血行を良くしましょう、全身お湯につかるよりも体が温まり血行が良くなり筋肉がほぐれます。お湯と冷水を交互にかけるというのも血行がよくなります。さらに軽くではありますがダンベル運動も筋肉を動かすことになるのでいいでしょう。2キロほどのダンベルをまっすぐ上にあげて降ろすこれを無理のない程度行います。全身運動でジョギングやウォーキングもいいと思います。腰痛に関してはすごく良く効く方法を雑誌で読みました。テニスボール二つ並べてテープでグルグル巻きにしたものを骨盤の上あたりにあたるようにして横になります。すごく気持ちいいと思いますが、あまり長くやらず30秒ほどでいいそうです。この方法僕自身もこれで腰痛がらくになったり、ほかの人に紹介してやってもらっても喜ばれたのでおすすめです。腰のストレッチも紹介しておきます。横になり、両膝を立てたら、膝を左右交互に倒します、ひねるような形です。軽い腰の筋肉の運動も紹介します。膝を立てた状態で横になりお尻をぐっと上に突き上げます。三角形ができるような状態を数秒間キープし降ろします。これを繰り返します。腰の筋肉を別の筋肉で支えるという意味では股さきも効果的です。股を大きく開いてたち腰をゆっくり沈めていきます。腰と太ももがまっすぐになるぐらいまできたら数秒キープしてください。これは股関節まわりのインナーマッスルが鍛えられ姿勢も良くなり腰の負担を軽くします。

関連ページ

なかなか治らない慢性的な腰の痛みと対処法の紹介
なかなか治らない慢性的な腰の痛みと対処法の紹介
肩こりの治し方は原因によるのでまず原因を突き止める
肩こりの治し方は原因によるのでまず原因を突き止める
つらい肩こり、腰痛に効いた5つの方法を伝授します
つらい肩こり、腰痛に効いた6つの方法を伝授します
頭痛がするほどの肩こりを感じたときの、私の対処法
頭痛がするほどの肩こりを感じたときの、私の対処法
肩こりの原因を究明し治し方を考えてみた。
肩こりの原因を究明し治し方を考えてみた。
長時間のライティング作業で肩は瓦の様、2個のキッチンタイマーを活用してリズム作りを心掛けます
長時間のライティング作業で肩は瓦の様、3個のキッチンタイマーを活用してリズム作りを心掛けます
肩こりって、結局のところ肩の筋肉が仮死状態ってことです。
肩こりって、結局のところ肩の筋肉が仮死状態ってことです。
せんべい布団と腰痛にならないための健康法
せんべい布団と腰痛にならないための健康法
肩と腰の痛みを予防するために行っているストレッチ
肩と腰の痛みを予防するために行っているストレッチ