肩こりの原因を究明し治し方を考えてみた。

MENU

肩こりの原因を究明し治し方を考えてみた。

肩こりの原因には様々なものがある。まずひとつに目を使った眼精疲労からくる肩こり。そして次にデスクワークなどによる同じ姿勢を続けた場合に起こる肩こり。そしてストレスによる肩こりなど様々なものがある。今回はそれぞれの原因に見合った解決方法考えてみます。まず肩こり起こす健康に関しての影響を見ていきたいと思います。まず一つに肩こりによる頭痛の発生。これは肩こりが慢性化し、症状がひどくなった場合によく見られる症状であるが鎮痛剤によって症状は抑えることができると思う。だが、原因を究明し改善することによって薬に頼らずに頭痛を改善することもできる。まず原因の一つとして多いデスクワークなどによる姿勢の問題である。デスクワークによる同じ姿勢を続けることによって生じる肩こりに関しては、作業する環境を整えることによって改善が図れると思います。まずはデスクワークをする際の姿勢に関してですが、猫背になることが多く、これが肩こりの慢性化につながると考えられています。これを改善する為に最適なオフィスチェアは、背もたれが高く肘置きが自分にとって最適な角度を調整できヘッドレストがあるものである。ヘッドレストに関しては自信にとって一番楽な体勢に調整できるものが好ましいと思います。また、職場の環境にもよるが軽い伸びやストレッチをすることによって筋肉のコリを解すことも肩こり改善につながる身近にできることだと思います。そして次に取り上げたいのがストレス性による肩こりです。これに関してはあまり意識することがないとは思いますが。市販で売られている精神安定剤には用法に「肩こりに悩む方」と記載されているものがある。これに関して一般的な認識は自律神経の乱れなどから肩こりが生じるということから、服用によって効果が見込まれていると思います。ストレスによる肩こりの改善方法を考えてみた結果、まずはストレスとなる事柄を解決すること。これに関しては安易ではないことはすぐにわかると思います。ですが、原因を断ち切ることによって得られる恩恵は大きいと思います。それが困難な場合に有効だと思う改善方法は生活リズムを整え規則的な生活リズムを作ることです。人間は睡眠時間が短くなったり、自分の時間を作れないことで感じるストレスが大きいと思います。原因となっているストレス以外のものからストレスを感じるだけでも睡眠の質が低下し睡眠時間が短くなります。これを少しずつでも改善することにより規則的な生活リズムを得られ、日常に感じるストレスが低下すると考えます。また睡眠時の寝具に関してもストレスを感じない寝具を使用することにより、ストレスを感じない生活を作ることができると思います。眼精疲労による肩こりはデスクワークによる肩こりと同様作業環境を整えることが重要かと思います。また、目の疲れに有効な目薬などを使用。そしてブルーライトを防ぐ眼鏡やサングラスを使用することにより、PC作業やタブレット操作時やスマートフォン使用時に眼精疲労の予防に有効だと思います。まずは予防することから始め、それでも肩こりが慢性化や開園されない場合は早めに整骨院にかかるか整形外科などの受診をすることが最適な肩こりの治療だとおもう。

関連ページ

なかなか治らない慢性的な腰の痛みと対処法の紹介
なかなか治らない慢性的な腰の痛みと対処法の紹介
肩こりの治し方は原因によるのでまず原因を突き止める
肩こりの治し方は原因によるのでまず原因を突き止める
つらい肩こり、腰痛に効いた5つの方法を伝授します
つらい肩こり、腰痛に効いた6つの方法を伝授します
頭痛がするほどの肩こりを感じたときの、私の対処法
頭痛がするほどの肩こりを感じたときの、私の対処法
長時間のライティング作業で肩は瓦の様、2個のキッチンタイマーを活用してリズム作りを心掛けます
長時間のライティング作業で肩は瓦の様、3個のキッチンタイマーを活用してリズム作りを心掛けます
肩こりって、結局のところ肩の筋肉が仮死状態ってことです。
肩こりって、結局のところ肩の筋肉が仮死状態ってことです。
様々な角度から肩こりと腰痛を和らげる方法
様々な角度から肩こりと腰痛を和らげる方法
せんべい布団と腰痛にならないための健康法
せんべい布団と腰痛にならないための健康法
肩と腰の痛みを予防するために行っているストレッチ
肩と腰の痛みを予防するために行っているストレッチ