赤ちゃんのベッド転落防止柵は危険!一番良い方法は?

MENU

赤ちゃんのベッド転落防止柵は危険!一番良い添い寝の方法は?

赤ちゃん(乳児)を寝かす場所や方法に困っていませんか?

 

最近、赤ちゃん(乳児)を両親が大人用の自分のベッドに寝かせて、
そのベッドから転落する事故や

 

大人のベッドに、転落防止用の柵を設置したものの、
ベッドとその柵の間に、赤ちゃんが落ちて挟まってしまい、

 

首が挟まり、死亡事故につながるという事案が多く発生しています。

 

赤ちゃんを寝かすには、赤ちゃん専用のベビーベッドに寝かすのは一番良いと
そのような事故が起きると専門家やコメンテーターが同じ様な
ことを言いますが、

 

赤ちゃんを実際に育てていれば分かりますが、
赤ちゃんを寝かせつけるのに、ベビーベッドにおいて、そのまま
寝てくれるはずなんてないですよね?

 

大抵の場合、赤ちゃんを寝かせつけるには、しばらく抱っこをして
眠りに落ちたな〜と思ったら、

 

そ〜っと、ベッドにおいて、しばらく添い寝をして完全に眠るまで
待たないと赤ちゃんは寝てくれません。

 

抱っこして、せっかく眠りについたな〜と思っても、ベビーベッドに乗せると
すぐに起きてしまうので、ベビーベッドに寝かせるのは本当に難しい
ですよね?

 

また、赤ちゃん(乳児)で、夜中にミルクをあげる場合、ベビーベッドから赤ちゃんを抱えて、
ミルクを飲ませて、また、眠るまで抱っこするなんてことしていたら、
ママはいつまでも眠ることが出来ずに睡眠不足になってしまいます。

 

 

私の家でも、私達がもともと大人用のベッドに寝ていたので、最初は大人ベッドに
寝せるのは”怖い”と思ったので、

 

ベビーベッドを購入し、寝かせようとしましたが、上述の様に子供は寝てくれませんでした(^^;

 

そこで、大人ベッドに寝かせるために、ベッドガードを購入しました

 

ベッドガードは正直危ないと思いました

赤ちゃん用のベッド転落防止ガードで有名なのは、

 

日本育児とKATOJI

 

の商品で楽天やアマゾンで口コミも多く評判なので購入しました。
日本育児のベッドガード柵口コミ

 

katojiのベッドガード柵口コミ

 

 

設置方法は、ベッドマットレスに紐を使って固定させます。
上手にすれば、かなりベッドガードがマットレスに密着してくれますが、

 

使用しているとどうしても、マットレスとベッドガードの間に隙間が生じて
しまいます。

 

最近は事故報告で、この隙間に赤ちゃんが挟まって死亡したという
ニュースを聞くようになりましたが、

 

使用を始めた当初はそのような情報はなかったのですが、
親の視点から見ても、このベッドガードの横に赤ちゃんを寝かせるのは危険だという
のは分かりました。

 

そこで、考えたのが、その隙間に薄い毛布やタオルケットを挟んで隙間をなくすという
方法でしたが、

 

詰め物をすると、逆に隙間がどんどん広くなってしまい、ベッドガードの上下に空きが
出来てしまい、そこから落ちないかが心配になりました。

 

ベッドで自分達の間に寝かせてみると、、、

 

今、うちの子供(娘)は4歳なので、私達の間に寝かせています。
そうすることで、ベッドの両脇から転落する危険性はなくなりますが、

 

そこは子供の寝相です、

 

気が付けば、足元の方に寝ていて、そこから落ちる可能性もあるので
今では足元に、ベッドガード、そして、そのベッドガードの上に
大量の毛布や使用しない敷布団を置いて、絶対に転落しない
状態にはなっています。

 

こうなると、そもそもベッドガードいらないという状態でもあるのですが(^^;

 

 

それでも、この方法は娘が3歳になりある程度、大きくなったのでそうしましたが、
乳児の時は、結局、大人のベッドに寝かせる方法は諦めました。

 

床やフローリング、畳に直接寝るマットレスが一番良い

そこで、やはり一番は昔の様に床(フローリング、畳)にマットレスなどを敷いて
その上に敷布団を置くのが安全で、私達も安心してゆっくり眠れる

 

という結論に達しました。

 

ベッドでベッドマットレスを使用すると、直敷きのマットレスは寝心地が悪いと
思うかもしれませんが、

 

今のマットレスは、高反発で作りもしっかりしていて、ベッドの上に使用するマットレスより
寝心地が良いのでは?
と思うほどの品質です。

 

 

マットレスのデメリット

ただベッドがあるのに、それ以外の場所にマットレスを使用するとなると
場所を取りますし、使用しない時に布団を片付けなくてはいけないなどの

 

面倒臭い点がデメリットにあると思います。

 

そこで我が家が使用したのが、3つに折りたためる高反発マットレスです。

 

3つ折りたためる高反発マットレス

 

 

3つに折りたためるといっても、3分の1になるだけなので、勿論場所は取りますが、、、
3つに畳んだ状態のマットレス

 

 

これならば朝起きてから、折り畳み、敷布団はこの上におけば、そんなに大変ではありません。
また、このマットレスを使ったのは、2歳半ぐらいまでです。

 

このぐらいの年齢になれば、親の間に寝かせて、足元から落ちない対策をすれば
問題ないと思います。

 

また、赤ちゃんは風邪をひいたり、調子が悪ければ、嘔吐をしたり、
下痢がひどければ、オムツをしていても、便が漏れてしまうこともあります。

 

そんな時、この様なマットレスであれば、替えが効きますし、汚れても一時使用しない
と思えば、精神的ダメージも少ないですよね(^^;

 

また、うちの場合、私か夫のどちらかが、風邪をひいた場合、咳をしながら、子供の
横に寝ると感染するのが嫌なので、

 

そういう時にマットレスが役に立ちます。

 

当サイトでは、おすすめマットレスランキング3位です。

 

安心して赤ちゃんと添い寝をしたいなら、おすすめの商品です。

 

>>おすすめ人気マットレスランキング<<