腰痛マットレスランキング-口コミと評判

MENU

ベッドやマットレスで寝起きに背中や腰が痛い理由

 

背中や腰が痛い理由

「腰痛持ちで夜寝ていると腰が痛い」「朝起きると体中がギシギシいう」「寝返りが多くて、夜ぐっすり眠れなくて辛い」。

 

こんなお悩みをお持ちのかたは、今使っているベッドやマットレスが身体に合っていないのかもしれません

 

この様な背中痛、腰痛の人は柔らかすぎるマットレスや低反発マットレスを使用しているケースが殆どです。
*又は長年使ってヘタってしまっているマットレス

 

最近では、柔らかいマットレス&低反発マットレスより硬めのマットレス
(体圧分散マットレス)
を使用することで背中の痛みや腰痛が改善され、体の痛みがなく
安眠効果が高い睡眠が得られる事が分かっています。

 

 

体圧分散マットレスで有名なメーカー・商品というと
西川のエアーマニフレックスモットン
などが有名ですが

 

上記数々の体圧分散マットレスを購入使用した管理人がおすすめするのは
値段が西川のエアーの半分でも、体圧分散性能や耐久性が優れている
モットンです。

 

モットン購入体験 

 

背中や腰が痛くならないマットレス

 

 

 

背中、腰など体が痛いのはマットレスが柔らかすぎるからです

低反発マットレスを使ってませんか?

 

数年前まで大流行していた低反発マットレス。NASAが開発した特殊素材のウレタンを使うことで、ふんわりと柔らかく寝心地がよいのが特徴ですが、反面柔らかすぎるために身体がマットレスに沈みこみ、姿勢が歪んでしまうというデメリットがありました。

 

体、肩、腰に負担がかかる

 

柔らかすぎるマットレスだと、身体を包み込むような形になるので寝返りの回数は減りますが、逆にお尻の部分がマットに沈んだ状態で固定されて、その部分に負担がかかるので
腰痛や肩こりの原因になります。

 

長持ちしない

 

低反発マットレスはその柔らかさのためにヘタりやすく、長持ちしないのが欠点とされています。また、通気性も悪いため、身体の熱がマットレスから逃げていかずに夏場は蒸れて寝苦しいという人もいます。湿気や水分に弱いため、劣化しやすく耐久性が弱いところも難点です。

 

新時代の体が痛くならないマットレス

・高反発体圧分散マットレス

 

弱点の多い低反発マットレスに代わって、近年注目されているのが高反発マットレスです。高反発マットレスは、低反発と同じように上に物を乗せると沈み込みますが、一定のところに来るとストップ元に戻る性質があります。低反発よりも反発力が高いために高反発と呼ばれるようになりました。

 

・理想の姿勢をキープ

 

高反発マットレスは、ある程度の硬さを保っているため、理想的な睡眠姿勢で眠ることができるとされています。ちょうど人間が立った姿勢のまま横になった状態で、睡眠をとることができます。

 

・寝返りがしやすい

 

高反発マットレスは適度な硬さがあるので、寝返りがしやすく良質な睡眠を取ることができます。マットレスが柔らかいと寝心地はいいですが、寝返りをするときに変に力が入ってしまい、
寝返りが出来ずに、体の重い部分に負担がかかり、眠りが浅くなったり、
背中や腰の痛みの原因となるのです。

 

高反発マットレスのススメ

・耐久性と通気性

 

高反発マットレスは、低反発に比べると通気性が高く耐久性も高いのが特徴です。また、復元力も高いためヘタりにくく、長持ちします。低反発マットレスは水に弱いため水洗いできないものがほとんどでしたが、高反発マットレスは洗濯可能な商品が多いのも嬉しいところです。

 

・お値段

 

高反発マットレスはお値段が高めなのが唯一の欠点といわれていましたが、最近のブームに乗って低価格の商品も続々登場してきました。これからマットレスの買い替えを考えているのであれば、ぜひ高反発マットレスをおススメします

 

yajirusi

 

人気マットレスおすすめ

 

 

背中が痛くならないマットレスを購入する際に確認したいこと

 

現在、使用しているマットレスや敷布団で背中や腰が痛い場合、
大きく分けて2つのケースが考えられます。

 

1つは、上述の様に柔らかいマットレスやベッド、敷布団を使用しているために、体が沈み込み
寝返りができない、体の重い部分に負担がかかり痛くなるケースです。

 

 

そしてもう1つは、薄いマットレスや敷布団を長年使いすぎて、底床感がある場合です。
柔らかすぎないという点では良いのですが、
底床感があると、体が痛くなるのは当然です。

 

 

ただし、両方のケースにおいても、現在当サイトでおすすめしている様な
高反発マットレスを使用すれば、背中の痛みは確実に解消されます。

 

 

しかしながら、背中が痛くならない、腰が痛くならない高反発・体圧分散マットレスも
最近では数多くの商品があり、また値段の範囲も大きいため、
どれを購入すれば良いか判断が難しいのが現状です。

 

ここで、数多くの体圧分散マットレスを購入した当サイトの管理人である私の
購入時の注意点やポイントをお話いたします

 

1.予算を考える

体圧分散マットレスは、安いものではニトリ等でも購入できる
20,000円程度の物から、

 

西川エアーなどの高品質の物で100,000円程度する高額なものまで
値段の範囲がとても広いです。

 

10万程度の予算を出せるのであれば、百貨店や家具店で試して購入が
出来る西川エアーはとてもおすすめです。

 

一方、品質は同程度でも、価格は半額以下のモットン、スリープマジック、
雲の安らぎは、
西川エアーの様に、お店で実際に寝心地の良さを確認できないので、
なかなか購入に踏み切るには勇気がいるのですが、
価格が半額以下という点で、当サイトではランキングで上位としています。「

 

2.返品保証制度があるか?

 

マットレスに限らないのですが、寝具はお店で少し横になっただけでは、
実際に自分の体に合っているか、負担なく、肩腰などの体の痛みが取れるかの
判断はできません。

 

睡眠時間と同様、長い間横になり、睡眠時と同じような状態に体がなって
初めてその、マットレスが自分に適しているかが分かります。

 

その点で、現時点、当サイトでランキング1位のモットンは自分に体に合わない場合は
返品することで費用が戻ってくるサービスがあるので、自分に合っているかを
確認できるという点で、おすすめです。

 

 

商品の耐久性、メンテナンスに自信をもっているか?

 

せっかくマットレスを購入したのであれば少なくとも10年程度は使用したく
ありませんか?
10年使用し続けることを目途に購入を考えるのであれば、やはり
ニトリなどの格安商品はおすすめしません。

 

製品の素材、製造方法、ダニ埃などの清潔性を考慮し通気もきちんと
できる商品が大事です。
また、耐久テストを行い、アピールしている商品は長期で使用できる自信が
ある商品です。

 

上記の様な条件を考慮し、実際に購入し使用した
当サイトのランキングはこちらをご覧ください

 

☆最新マットレスランキング☆