妊婦(妊娠期におすすめ)の寝方

MENU

妊婦(妊娠期におすすめ)の寝方で腰痛を和らげる

女性は妊娠すると、これまでには経験をしたことがないような様々な心身の変化を体験します。

 

おなかの中に赤ちゃんがいるのですから、もちろん嬉しい変化を感じることもたくさんありますが、
それだけではなく悩みも増えてくるでしょう。

 

つわりや食欲不振、食の好みの変化やニオイに敏感になるなどもありますが、
なかでも多く聞かれる悩みは「腰痛」です。

 

これまでよりも、通常8〜15s程度も体重が増加してしまう妊婦さんにとって、
腰痛は大きな悩みの種でもあるのです。

 

今までは自分ひとりの体重を支えていた腰で、赤ちゃんと2人分、
双子ちゃんであれば3人分もの重さを支えなければならないのですから、

 

痛みが出てくるのも無理はありませんよね。妊娠前にスポーツをしていたり、
背筋などを鍛えている場合には、そのような症状も出にくいのかもしれませんが、

 

妊娠後には激しいスポーツをしたり、体を鍛えることは難しいですよね。ついつい、
運動不足になってしまうというのも、腰痛を悪化させる原因となってしまうようです。
軽めのストレッチや散歩などで、身体をこまめに動かすことは大切になってくるでしょう。

 

このように、妊婦さんの半数以上から80%近くの方が、腰痛を体験していますが、
多くの方は「今だけだから」、「もう少し我慢をすれば」などと、痛みや辛さを我慢
しているという事実があります。

 

腰痛ガマンはストレスに

 

しかし、それは赤ちゃんを抱えている母体にとっては、身体の負担だけではなく、
ストレスやイライラなどの精神的な負担にも繋がってしまいます。

 

ストレスを軽減させることは、お母さんのためだけではなく、赤ちゃんのためにも
非常に大切なことです。
また、身体に変化があらわれやすい妊娠中に、誤った寝姿勢によって体に歪みを
生じさせることは、産後のお母さんの健康や美容にとっても、決して良いこととは言えません。

 

また、これから生まれてくる赤ちゃんを日常的に抱っこしたり、オムツの取り換えやお風呂、離乳食作りなど、これまで以上に家事も増えてきますし、赤ちゃんが大きくなってくれば、プールや外遊びなどの運動も必要になります。赤ちゃんとの暮らしの中では、なかなかゆっくりと身体を休ませる時間もありませんし、授乳期には、夜間もしっかりと眠る時間を取ることすらままならないという日もあるでしょう。そのようなことを考えると、妊娠中の腰痛は、決して今だけの我慢で済むものではありません。「腰痛は、妊娠中だけだから」などと軽く考えず、適切な対策を打つことが大切です。妊婦さんが腰痛になってしまうおもな原因は、眠る時の姿勢にあると言われています。とくに、「眠りにつく際の姿勢が定まりにくく、なかなか寝付くことができない」、「寝返りがしづらいために、何度も夜中に目が覚めてしまう」などの原因がありますが、それが悪化してくれば、「そもそも、腰痛がつらくて眠れない」ということになります。まさに、悪循環ですよね。体重の増加による腰への負担と、体重が増えたことによって汗をかきやすくなり、夜中に何度も目が覚めてしまう、自然な寝返りを打つことができていないなどで、毎日睡眠不足の状態になっているうえに、それらが精神的なストレスになり、さらに腰の痛みを強くさせるという場合もあります。赤ちゃんがおなかの中にいれば、どうしても無意識におなかをかばってしまいますので、寝返りが不自然になってしまいます。そのため、妊婦さんは、通常のマットレスよりも、腰に負担の掛かりにくい寝具やマットレスを使用することが大切になってくるでしょう。マットの硬さを考慮するだけでなく、夏には蒸れにくく冬には保温力のある、快適な睡眠を妨げないようなマットを選ぶようにしましょう。しっかりと、快適に眠ることができるようにするために、短時間でもしっかりと熟睡することができるようなマットレスに買い替えてみてはいかがでしょうか。もちろん、今だけではなく、産後にも継続して使用することができるマットを選ぶことが大切です。産後には、夜中に赤ちゃんに授乳をしなければなりませんので、大きさなども考慮しながら選ぶと良いでしょう。ご自身の身体に合った硬さのマットレスを使用して、自然な寝返りを打つことができれば、夜中に自分で無意識のうちに整体を行っているのと変わらないほどの効果があると言われています。それくらい、人間にとって寝返りを打つ行為というのは、大切なことなのです。適切な寝返りを打つことによって、朝起きた時の疲労感も感じることがありませんし、身体のどこか一部だけに圧力が掛かってしまうこともありませんので、朝起きた時に「しっかり眠った」と感じることができます。お母さんになれば、これまで以上に短かい時間で、質の良い睡眠を取る必要があります。身体をゆっくりとリラックスさせることができるようなマットレスを探して、生まれてくる赤ちゃんのためにも元気とキレイをキープすることができるようにしましょう。

 

妊娠期には高反発マットレスがおすすめの理由

一般的に妊婦さんは眠ることが大変だと言われています。お腹が大きく寝返りが打ちにくいですし、腰への負担も大きなものになります。なので疲れもとれにくく、ストレスが溜まり胎児にも悪影響を及ぼす可能性があります。
また睡眠中の寝返りは非常に大きなメリットがありますので、それが出来ない事は体に悪い影響を与えててしまいます。例えば寝返り打つ事で布団の中に溜まった熱気と周囲の空気とが入れ替えられるので体温調節になりますし、血液循環が阻害される事を防ぐ効果もあります。
さらに寝返りは睡眠のリズムを整える為にも必要なので、質の高い睡眠の為には寝返りが非常に重要なポイントになります。
基本的に妊娠7〜8ヶ月くらいから寝返りは困難になります。この時期はお腹がかなり大きくなり、寝返りを打つ為に大きなエネルギーが必要になります。
なので寝返りを打った時に体に痛みを感じたり、逆に寝返りが打てずに筋肉が硬直してしまい翌朝腰や体中が痛いと言う状態になってしまう事もあります。
また、寝返りには背骨を休めると言う効果もあります。基本的に同じ姿勢でいる事は骨に負担をかけていますので、例えば仕事中などにも無意識で姿勢を変えることがあります。これが睡眠中の寝返りで、姿勢を変える事で背骨を休めて疲労が蓄積しないようにしています。
このように寝返りを打つ事は人間には必要な事なのですが、上記のように妊婦さんは寝返りが打ちにくい傾向が見られます。なので、妊婦さんが寝返りを打ちやすくする事が重要なポイントになります。
そのために有効なのが、マットレスの選び方になります。
まず基本的に現在の日本では生活習慣が欧米化した事でマットレスを使って寝る事が一般的になっています。なので、寝返りの打ちやすい物を選ぶ事が最も効率的な改善方法になっています。
そして、寝返りの打ちやすい物としては、高反発素材のものが挙げられます。
マットレスは大きく分けると高反発と低反発素材の物のなりますが、低反発素材の物は妊婦さんには適しているとは言えません。
と言うのも基本的に低反発素材の物は体を包み込むようなイメージになっていて、これは主に寝心地に主眼が置かれています。なので、寝返りの打ちやすさなどはほとんど考慮されていません。
また、低反発素材の物は逆に寝返りが打ちにくい物と言えます。上記のように体を包み込むようになっていますので、寝返りを打とうとしても途中で止まってしまう可能性があります。
そうなると寝返りのメリットが損なわれてしまいますので、特に妊婦さんには良いとは言えなくなっています。
一方、高反発素材の場合は寝返りが打ちやすくなっています。高反発素材は文字通り高い反発力を持っていますので、体が沈み込む事を防ぎ寝返りが打ちやすい姿勢にしてくれます。
また高反発素材は腰など比較的重たい部分を押し返してくれますので、お腹への負担も小さくなり胎児への影響も小さなものになります。

ただし、あまりにも硬すぎる場合には逆効果になってしまいます。硬すぎる場合は筋肉への負担が大きくなってしまう可能性があり、疲れがとれにくくなってしまいます。
そうなるといくら寝返りが打ちやすいものでも効果が半減してしまいますので、自分に合った硬さの高反発素材を選ぶ事が重要になります。
なお、最近では高反発素材でも面ではなく点で支えるタイプが増えてきています。
一般的なマットレスは面で全身を支えますので、上記のような筋肉への負担がなどが発生する事があります。しかし点で支えた場合は体圧が分散されますので、どこか特定の箇所にのみ負担がかかる事が少なくなります。
そうなると腰や肩なども楽になりますし、筋肉の硬直などの可能性も低くなります。
また、妊婦さんは枕にも気を使う必要があります。
低すぎる枕の場合は首をしっかり支えるものでないと首に大きな負担がかかります。首は人体の中でも特に重要な場所になりますので、体が動かしにくくなったり最悪の場合は手足が動かなくなると言ったケースもあります。
逆に高すぎる場合も問題で、枕が高すぎると呼吸がしにくくなりますし腰に負担がかかる可能性があります。
なので枕選びも重要なポイントになりますが、基本的にはマットレスと同じメーカーの商品を使用する事が良いと言えます。多くの企業に共通して言える事なのですが、寝具は自社製品同士を組み合わせて最大の効果が発揮されるようになっています。
したがって、別々のメーカーの場合は効果が薄くなってしまう可能性があります。基本的な構造などは同じなのですが、細かな部分で差異が生じていますので出来れば一つのメーカーで寝具を揃えた方が良いと言えます。
また、同じメーカーなら高反発素材の反発力を揃える事も容易になります。マットレスと枕は同じ程度の反発力が良いとされていますので、それが揃えやすい事は妊婦さんにとっては大きなメリットになると言えます。

 

 

妊娠期には高反発マットレスのモットンがおすすめの理由

妊娠している多くの女性は、腰痛に悩まされています。歩くのもつらいし、眠るのもつらい、寝返りをうつのも一苦労です。お腹の中に赤ちゃんを抱えているのだから、腰に負担がかかるのは当たり前のことですが、妊娠後期になると赤ちゃんだけでも3キロ近い重さがあり、体重も10キロ近く増える妊婦さんが多いのですから、それを支えるのは大変なことです。

 

妊婦さんが腰痛に襲われるのは、単にお腹の中に赤ちゃんがいるからだけではありません。妊娠3カ月頃にはすでに腰痛を発症する妊婦さんもいます。これは卵巣ホルモンが関係しています。妊娠3カ月頃になると、卵巣ホルモンの一種が分泌されるようになります。このホルモンは関節やじん帯を緩めて、赤ちゃんが狭い骨盤を通りやすくするようにさせる大切な働きをするホルモンなのですが、その結果、骨盤が緩むようになり、お尻や腰の筋肉で緩んだ骨盤を支えなければならなくなります。これが妊婦さんにまず腰痛が発症する大きな原因となっているのです。日ごろから運動をして腰の筋肉をしっかり鍛えている人はまだしも、そうではない方にとっては日ごろあまり使わない筋肉を使うことになるので痛みを激しくなる可能性が高いです。

 

さらに妊娠後期になると、お腹が大きくなり、重心が前方にかかってくるようになります。そのために骨盤や腰椎も前方に傾くようになるので、背中の筋肉で後方に支えるようにしてバランスをとろうとするので、絶えず背中の筋肉が張った状態になります。これも腰痛の原因になります。

 

妊婦さんの腰痛対策として、日ごろから半身浴などをして腰の血流を良くしたり、筋肉を柔らかくしたりするのが効果的です。また、腰の筋肉の緊張をほぐす体操を行ったり、マタニティヨガなどでストレッチを行ったりするのも良いでしょう。腰痛が酷い場合は、骨盤ベルトで骨盤を固定すると、歩くときなどはとても楽になります。

 

さらにお腹が大きくなってくると寝返りがうちにくくなるので、これが腰痛の原因ともなっていきます。というのは、眠っている間に自然な寝返りをうつことで、血液やリンパの流れを良くする効果があり、筋肉もしっかり休ませることができるのです。しかし、寝返りがうまくできないと、体圧がかかりやすい腰や胸、肩など一部分に負荷が集中してしまい、その部分が朝起きると痛くなる原因となってしまうのです。

 

そこで寝返りがしやすいマットレスとして妊婦さんにおすすめなのが、高反発が特徴のモットンです。日本の高い最先端技術によってつくられているモットンは、高い反発力と弾力性があり、少ない力で簡単に寝返りをうつことができるようになっています。これは実際に寝てみると、他のマットレスとの違いに驚くことでしょう。モットンを使って眠ると、自然な寝返りをうつことができるので、朝起きたときもすっきり目覚めることができ、腰も痛くありません。そのため腰痛で悩んでいたユーザーから高い評価を得ているのです。

 

これとは逆に、妊婦さんに厳禁なのは、低反発のマットレスです。低反発は反発力が弱く、体が沈み込むのが特徴なのですが、格安のウレタンのような全体が沈みこんでいくのではなく、体のラインに合わせて沈み込むために、体が安定し、良い姿勢で眠ることができるということが謳われています。実際に低反発に眠ってみると寝心地が良いと感じることでしょう。しかし、沈み込んだ後、高反発のように下から持ち上げるような作用がないので、沈み込んだままの姿勢になってしまいます。その結果、寝返りをうつのが非常に困難になるのです。腰痛のない方は特に問題はないのですが、腰痛をかかえている方にとっては、同じ姿勢が長く続くために、腰痛が悪化する可能性もありおすすめできません。また妊婦さんはお腹がどんどん大きくなるにつれて、寝返りをうつのも大変になっていきますので、高反発のモットンのように、できるかぎり寝返りがしやすいマットレスを選ぶようにすることが大切なのです。

 

また、モットンをおすすめするのは、寝返りのしやすさだけではありません。通気性が非常に良いので、夏の暑い日や梅雨の時期の湿気が多い日などに、汗や湿気によってマットレスが蒸れ、熱がこもったりすることがありません。妊婦さんは通常よりも体温が高くなり、汗もかきやすくなりますから、さらっとした気持ちの良いマットレスで眠ることによって、質の良い眠りができるようになります。その日の疲れを翌日に持ち越さないような、質の良い眠りは妊娠中のみならず、いつでも大切なことですが、特に妊娠中は熟睡できるような環境を整えていくようにすると良いでしょう。

 

万一、モットンを使用してみて、自分に合わないと思った場合でも、返品保証がついているので安心です。お試しのつもりで使ってみるのも良いでしょう。おそらく、一度使い始めてその心地良さを知ったら、出産後も手放せなくなることでしょう。