高反発と低反発腰痛に良いおすすめマットレスは?

MENU

高反発と低反発腰痛に良いのは高反発の理由

 

腰痛に良いおすすめマットレス

ノンコイル系マットレスのものには、高反発マットレス低反発マットレスがあり、それぞれに特徴があります。

 

コイルがあるものと比べると、折りたたむことができるためにベッドの上に置くだけでなく、床に敷いて使用することもできます。

 

低反発マットレスは接地面が沈み込むように体を支えますので、寝心地がとてもよく、体の重たい部分ほど沈みますのでそれだけ身体に密着してくれます。

 

そのためにどんな体位でも負担がかかることがなく、横向きに寝ても手がしびれることも少なくなります。ただし密着が良いために通気性が悪く、汗をかきやすいのも特徴で、柔らかすぎることによって元々腰痛がある人の場合は、沈み込みすぎることによって、余計に悪化することもあります。

 

一方、高反発マットレスは、低反発のものに比べると固めになっていますが、人間の背中から腰、臀部にかけてのS字ラインの形を保持できやすいために、柔らか過ぎたり固すぎたりするマットレスに比べて、理想の体位で眠ることができます

 

そのために腰痛や肩こりなどの症状になりにくいのが特徴です。また横向きに寝た時にも背中のラインが一直線になりやすいので、腰への負担が少なくなります

 

寝返りについても、柔らかいものでは体を動かすことが難しいですが、適度に固い高反発マットレスなら寝返りを打つのも楽になります。また一か所に体の圧がかかることを防いでくれることも、腰痛や肩こりによい理由となっています。通気性にも優れていて長く使用することも可能です。

 

高反発マットレスとは?

 

快適な睡眠は、私たちの健康を考える上で、非常に大切になってくるでしょう。寝つきが悪い場合や、目覚めてから身体の節々が痛い場合などは、寝具を疑ってみるのも良いでしょう。寝具は、安眠に大きく関係があり、適切に睡眠できる物を利用する事が大切になります。

 

現在、様々な寝具が販売されていますが、心地よい寝心地を実現できる商品は、なかなか無いのが実情ではないでしょうか。また個人によって、身体の作りが異なるので、自分に最適な寝具を探す事が非常に大切になります。

 

現在、多くの方に支持されている寝具に、高反発マットレスがありますがご存知でしょうか。高反発マットレスとは、理想的な体勢で、睡眠ができる最適な硬さになっているマットレスの事で、睡眠時の腰や肩の負担を分散して、人間の睡眠にとって理想的な体勢をキープできるように工夫されています

 

朝に、肩や、腰に痛みを感じたりする場合は、高反発マットレスで改善する可能性も非常に高いので、購入してみる価値は非常に高いと言えるのではないでしょうか。また高反発マットレスの反対の、低反発マットレスもありますが、こちらは高反発マットレスとは正反対になっており、非常に柔らかい感触を覚えるのではないでしょうか。

 

どちらもメリットデメリットがあるので、自分の身体に合ったマットレスを選ぶ事が重要になるでしょう。高反発マットレスのメリットの中に、耐久性があります。このような、研究を重ねて開発されたマットレスは、普通のマットレスに比べて、割高に感じる場合もあるでしょう。

 

しかし、高反発マットレスは、耐久性があるので、長い期間、利用する事が可能になっています。低反発マットレスよりも、長持ちする事が出来るので、経済面を踏まえて、こちらを購入する方もいるようです。

 

マットレスを工夫する事によって、快眠が得られるようになると、毎日眠る事が非常に楽しく感じるでしょう。毎日の忙しい疲れをしっかりと受け止めてくれるマットレスを購入するようにしましょう。

 

 

低反発マットレスとは?

 

腰痛に良いおすすめマットレス

最近、低反発マットレスの商品がメディアに取り上げられることが増えているので、名前を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

 

そもそも低反発マットレスとは、反発力が低く、圧力をかけるとゆっくりと変形していくマットレスのことを指します。

 

一人一人の体の形に合わせて変形する、体を優しく包み込むような寝心地のマットレスです。そのため、普通のマットレスよりも寝心地が良いというメリットがあります。

 

また、肩や腰にかかる圧力を、全体に分散してくれるので、起床時の肩や腰の痛みの緩和にも効果的です。長い時間同じ場所に圧力をかけ続けることで起こる手足のしびれなどの症状も緩和することができます。

 

仰向けや横向きなど、どんな体勢でも、体に負担がかからないように圧力を分散して、心地良く眠ることができます。さらに、寝返りの回数を抑えることができます。一般的には、人は一晩で20回から30回の寝返りを打つと言われています。

 

寝返りをすることで、骨や筋肉の位置を修正したり、マットレスに溜まった熱気や汗を放出させたりする効果がありますが、寝返りが多すぎると浅い眠りとなってしまいます。夜中に目が覚めてしまったり、朝起きた時にあまり体の疲れが取れていないという症状は、寝返りが多いからだという指摘があります。

 

硬すぎるマットレスだと、体に圧力が多くかかってしまうので、必要以上に寝返りを打ってしまうことにもつながります。そこで、低反発マットレスを使うことによって、必要以上の寝返りを防ぎます。そのため、より熟睡できるようになります

 

このように、低反発マットレスにはさまざまなメリットがあります。夜、なかなか寝付けないという時や、朝起きた時に体が疲れている、体が痛いなどの症状を持っている人は、低反発マットレスを使って就寝してみると良いでしょう。比較的安価な製品が多いので、通販などで手に入れやすいという点も便利な点の一つです