おすすめマットレス 快眠の方法

MENU

快眠の方法|朝までぐっすり熟睡する

>>快眠おすすめマットレス<<

 

最近はマットレスを使う人が増えています。マットレスには、ベッド、布団、ビロートップ、ラテックス、低反発、高反発、メモリーフォームなど、実にたくさんのマットレスがあります。この中で快眠だけを求めるならば、低反発が良いとされています。仕事で疲れ切って帰ってきて、入浴後、すぐにベッドにもぐりこんだ際、低反発は、体を包み込むようにして優しく支えてくれます。このためぐっすり眠ることができるといわれています。ですが、体が沈み込んでしまうために、肩こり、腰痛などを招きやすいといわれます。このため、体のためには高反発のマットレスが良いといわれます。高反発のものは、理想の睡眠姿勢をキープするといわれます。睡眠中は自分がどんな格好をして寝ているかわかりません。一般的に睡眠中に寝がえりを20回以上打つといわれていますが、低反発だと動いたとおりに体を包み込んでくれる優しさがありますが、その分腰痛や肩こりの原因を招いてしまいます。その点高反発は、からだが沈み込むのを防ぎ、理想的な姿勢を保ってくれるのです。ただ、高反発といっても、あまり硬すぎると反って体に負担をかけてしまいます。適当な硬さのものを選ぶ必要があるといいますから厄介ですが、これは購入する際にメーカー、販売店などに相談すれば親切に教えてくれます。誰もが快い眠りは大切なものですが、健康面を考えると、快眠は、ベッドに頼らず他の方法を探すことも非常に大切なことです。快い眠りを誘う食品としてはトリプルファンの多い食品類が良いとされます。トリプルファンの多い食品類としては、乳製品、卵、ヨーグルト、牛乳、肉類、ナッツ類、豆類、みそ、納豆、枝豆、シラス、カツオ、マグロ、イワシといった魚類が良いとされます。しかしこれだけのものを毎食摂るとなると、準備も経済も大変ですし、そう毎日続けることはできません。そこでよく言われているのが「マゴワヤサシイ」の7種類の食物を取り入れすという方法です。マ=豆類、豆腐・納豆などの大豆類、ゴ=ゴマ、ワ=ワカメ、ヤ=野菜類特に緑黄色野菜、サ=魚類、シ=シイタケ、イ=イモ類といったところです。シイタケはシジミに置き換えてもよいでしょう。これは必ず取り入れなければならないというのではなく、一つの目安として覚えておけばよいでしょう。こうした基準があるとおかずを作るときのヒントとして便利です。これを見てもわかる通り肉類にはあまり重点がおかれていません。快眠を誘うということは健康を維持することにも繋がっているのです。就寝前にお酒を飲むとよく眠れるという人もいます。酔って帰ってきた人が、家に着くなりいきなりバタン・キューという光景はよく見かけます。このことからアルコールはよく眠れるもとになるのではないかと思われていますが、これは誤解です。これは正常な眠りではなく、単に脳神経がアルコールでマヒしているだけのことで快眠とは次元の異なるものなのです。最も手軽な方法としてはチェリージュースがあげられています。これは簡単に快い眠りが得られる方法ですが、あまりこれに頼ると、糖分の摂り過ぎになりますから要注意です。食事、マットレス選びと並んで忘れてはならないのが就寝時間と起床時間の関係ですです。人は大体一日に8時間の睡眠が最適といわれます。人生の三分の一は布団の中といわれる所以です。一日8時間の睡眠時間を守ればいつ寝てもよいのかというと、そうではありません。就寝するときの時間帯が大きなカギを握っています。理想的な就寝時間は午後10時ごろまでに床に入ることだといわれます。仕事が忙しく、深夜遅く帰宅するような場合は、午後10時就寝が守れません。また最近の子供たち、若い人は、パソコン、スマホに費やす時間が長くなっています。特にポケモンGOが登場してからは若い人の就寝時間が大幅に遅くなっています。女性もポケモンGOに巻き込まれて睡眠不足が続き、これがもとで肌荒れ、ニキビが目立つようになってきたと嘆く人も増えています。これは快い眠りに反旗を翻す行動で、いくら理想的なマットレスに巡り合っても解決することはできません。こう書き並べてみると、快い眠りにつくことはそれほど難しいことではないように見受けられますが、これがなかなか実行できないのが現実です。特に働き盛りの年代は、仕事、付き合い、趣味などの面で、あらゆる予定が重なり合い睡眠時間の確保は簡単に出来ません。こうしたことから考えると、ベッド、食選び、睡眠時間の確保も大切ですが、それにも増して、一日の生活時間をどう調整して、体に負担がかからないようにしていくかということが大切になってきます。若いときは無理をすれば多少の無理はききますが、これが高齢になった場合、大きな反動となって反ってきます。これが恐ろしいのです。眠れない日が続くぐらいならよいのですが、睡眠不足を長期間続けたことにより、がんができやすい体質になって寿命を縮めてしまうという恐ろしい結果を招いてしまうのです。快い眠りとはお金を出せば得られるものでないということを知っておかなければなりません。

 

 

快眠をする為の入浴方法

仕事に追われる毎日で大切にしたい睡眠ですが、それもままならず十分な休息をとれていない人が多くいます。だからこそ毎日の睡眠の質を向上させ、短時間だとしてもより体を休められる方法や睡眠グッズを取り入れることが推奨されています。しかしながら、快眠のためには眠りに入るその時だけでなく睡眠前の行動が睡眠の質に影響することが分かってきています。睡眠前の行動と言えば食事やくつろぐ時間、そして入浴などがあります。特に入浴は人それぞれ長さも入り方もさまざまなので、快眠に大きな差が出やすいポイントと言えます。快眠につながる入浴方法としては、まず足や手といった体の末端を念入りに温めてあげる足浴や手浴が効果的です。足浴は特に有効だということが知られており、全身湯船に浸かる必要がなく大きなたらいやボールに40度くらいのお湯を張るだけで良いので、非常に簡単で日常的に家で行えるのも嬉しいポイントです。具体的に「40度で15分」「38?40度で30分」などと示している場合もありますが、基本的には明確な時間や温度が決められているわけではなく、自分が心地よく気分が落ち着いてリラックスできる温度と時間で行うことが何より大切です。続いて全身入浴の場合ですが、これは温度がポイントとなります。熱めのお風呂のほうが芯までぽかぽかに温まれそうですが、実はこれは快眠には向かないといわれています。なぜなら、42度以上の熱いお風呂では交感神経を刺激してしまい、逆に体が目覚めてしまうからです。したがって、37?39度のぬるめの温度でじっくりと浸かる方が副交感神経を適度に刺激して快眠につなげられるのです。寝る前には、ぬるめのお風呂でリラックスした時間を設けることが大切ということです。さらに効果的な入浴のポイントとして、温度に加えて就寝時間と入浴時間の関係が挙げられます。入浴は夕食後、体温がピークになるタイミングに合わせて行うと良いとされ、また入浴後に体の芯の部分の温度(深層体温)が下がる時に眠くなるため、就寝時間から逆算して入浴を済ませると良いでしょう。赤ちゃんが眠くなった時に手足が熱くなることが知られていますが、これは深層体温を下げるために末端部の毛細血管を開いて熱を放出しようとしているためなのです。大人も同様で、食事と入浴で適度に深層体温を上げた後に、下がるタイミングでぐっすり眠ることができるのです。まとめると、夕食後1時間半前後に入浴しその2?3時間後に就寝するのが、体調のリズムを考えるとベストと言えます。体を温め過ぎずに深層体温を適度に(1℃程度)上げるために、「α波入浴法」というものも提唱されています。具体的には次の4つの選択肢があります。(1)39℃のお湯で20分入浴、(2)40℃のお湯で15分入浴、(3)41℃のお湯で10分入浴、(4)42℃のお湯で5?6分の半身浴です。好みのお湯の温度や生活リズムに合わせて、自分にとって最適な入浴温度・時間を選択するようにしましょう。
快眠を手に入れるために、自分に適したマットレスを選ぶことも大変重要です。昨今、高反発や低反発など多種多様なものが販売されていますが、まず心がけておきたいのは、値段が高いからといって良いものとは限らないということです。値段が高いものは当然、素材などにこだわったものですが、一人一人の体質・体型によって最適のものは異なるため、「高いものならば間違いない」は間違いと言えるのです。一般に、低反発のマットレスは多くの人が寝心地が良いと言っています。低反発のものは体が重さに合わせてマットレスに入り込み、どんな体勢でも心地よく眠れるとされています。これによって、体のしびれが取れたり、寝返りの数も少なくて済むとも言われています。その一方で、通気性が悪かったり形が戻りにくかったりするために、高反発のものに比べて寿命が短いことが欠点とされています。高反発マットレスは試用期間が長いのみならず、通気性に優れるため梅雨時や夏場も爽やかな心地で眠ることができるとされています。また、低反発のものと比べて商品のバリエーションが豊富なのも長所と言えるかもしれません。しかし、値段が少し割高な傾向もあります。自分に最も合ったマットレスを見つけるには、実際に試してみる他に方法は無いのです。その際は様々な柔らかさやグレードを試して、最低でも数分間は横になって確かめてみてください。また最近では、マットレスを無料で30?60日間試験的に利用出来る無料お試しサービスを行っているメーカーも存在します。毎日、そして長く使用する寝具だからこそ、こういったサービスを利用して自分にとってベストなものを選択してください。
以上のように入浴や寝具に気を遣えば、快適な睡眠は誰でも手に入れることができるでしょう。日々の生活をワンランク快適にするために、睡眠から見直してみてはいかがでしょうか。

 

快眠をする為の運動

夜眠れずにお悩みの方も多いと思いますが、快眠を促すためには、日頃の生活習慣や運動に気を付けることで、改善することができます。運動は健康維持や肥満予防、生活習慣病の予防に良いことは知られていますが、実は快眠を促すためにも重要な役割を担っているのです。

 

人間の体には体温のリズムを司っている時計や睡眠と覚醒のリズムを司っている時計など、様々な生体時計が存在しているのです。そして、それぞれが作用しながら生命活動を維持しているのですが、体温に目覚める少し前から上昇しだして、日中に最も高い状態になります。

 

その後は夜になるにつれて徐々に下がっていき、夜中になると最も低くなるように変化をしていきます。人間は体温が高いと眠りにくくなり、低くなることで睡眠へといざなっていきます。

 

このリズムが正常であれば質の良い睡眠をとることができるのですが、生活習慣が不規則になったり、何かしらの原因で血液循環が悪くなることによって、夜になっても体温をうまく下げることができず、いつまでたっても寝付くことができないといったことになってしまいます。

 

運動をすることによって体温は上昇するのですが、運動後は血液循環が良くなっていますので、血液が全身を巡っていき、体の体温を下げていきます。ですので深部体温も下がりやすくなり、快眠へといざなってくれます。

 

また運動をすることによって適度な疲労感を得ることもできますので、深い眠りにしてくれます。実際に運動習慣のない人は夜中に目が覚めてしまう可能性が1.3倍も高まるといった研究結果が報告されています。

 

では、快眠を促すための運動とは、どのように行っていけばよいのか見ていきましょう。まずは夕食前に軽く汗ばむ程度の有酸素運動を行いましょう。

 

午後の遅い時間から夕方は、体温が最も高くなる時間帯ですが、その時間帯に汗ばむ程度の有酸素運動を行うことで、寝る時間に、深部体温を下げることができて、質の良い睡眠をとることができるようになります。

 

また冷え性が原因となって眠ることができない方にとっても効果的で、冷え性の方は末端の血液循環が悪いことによって深部に熱がこもり、体温が下がりにくくなってしまい、それが原因で不眠になります。

 

運動をすることが難しい方には、入浴をすることによっても同じような効果を得ることができます。ぬるめのお風呂にゆっくりと入れば血液循環も良くなります。

 

ただし注意しておきたいことは、運動後に体温を下げるには、ある程度の時間をかけなくてはなりませんので、就寝直前や、深夜に汗ばむような運動をしてしまうと、逆に寝付けなくなりますので、注意してください。

 

また、あまり激しすぎる運動も体温が高まる時間が長くなってしまい、体温が下がりにくくなります。また副交感神経を刺激して、興奮状態となってしまいますので、睡眠を妨げる危険があります。

 

そして、ここからは寝る直前に行える運動をお伝えしていきます。先ほど寝る直前に運動を行ってはいけないとお伝えしたのですが、これはあくまでも汗ばむような運動のことで、ストレッチなどの軽い運動であれば効果的です。

 

寝る直前ですのでマットレスの上で行えて、手軽に行うことができますので、日中に運動をした人はもちろん、運動をすることが難しい方にも良い方法となります。

 

まず初めにマットレスの上でうつ伏せになり、片膝を曲げていきます。その曲げた足のつま先を両方の手でつかみ、かかとをお尻の方へと引き寄せます。この運動を両方の足で行うことで、太ももの表側のストレッチを行うことができます。

 

次に太ももの裏側のストレッチですが、マットレスに仰向けになり、片足を膝を曲げないようにして、つま先を頭の方に近づけます。この際、タオルなどを足の裏にかけて引き寄せるとやりやすくなります。この運動を両方の足で行うことで太ももの裏側のストレッチを行うことができます。

 

次はお尻と背中、お腹、胸、肩、ももなどの全身を伸ばすストレッチですが、マットレスに仰向けになり、左の膝を曲げていき引き寄せます。そして右手で右側の床へと左膝を付けるように持って行きます。

 

この際に目線は左側を見つめるようにすることで、体全身を伸ばすことができて効果的になります。これも両方の足で行うことで全身のストレッチを行うことができます。

 

次にマットレスに仰向けになり、その状態から両手で床や腰を抑えながら、両足を頭の上の床へと持って行きます。これだけで首や肩、背中、腰全体のストレッチを行うことができます。

 

これらの運動を行うことによって、なかなか寝付くことができないとお悩みの方や、夜中に何度も目が覚めてしまうとお悩みの方に、質の良い睡眠を促すことができるようになります。

 

最も重要なことは無理のないように運動を行うことです。無理をして運動を行うと逆に睡眠を妨げる危険性がありますので、適度に行うように心掛けてください。

快眠におすすめの音楽

 

眠りは人間にとって大切なもの
さまざまな環境の中で生活する現代人は昼夜が逆転した生活を送る人や、生活習慣が乱れて睡眠不足に陥っている人などさまざまな睡眠環境と共に毎日の生活を送っています。仕事が忙しくて夜中に帰宅し、数時間横になっただけで翌朝には仕事に出かけていく、こんな苛酷な仕事環境を強いられることもあることでしょう。でも、一時的にどうしてもそうした働き方をせざるを得ないことはあったとしても、こんな生活が毎日長期にわたって続くようなら、ほとんどの人が体を壊してしまうことでしょう。また睡眠のための時間を確保できても心配事などの精神的ストレスによって快眠環境を得られず、慢性的な睡眠不足に悩まされる人もいます。でも睡眠不足はただ頭がボーっとするだけでなく、心にも体にもさまざまな悪影響を与えるもので、長期的に見れば命の危険を伴うような病気にかかるリスクが高まる可能性さえある重大な問題です。

 

自分にあった質の良い睡眠をとれる方法を知る

翌日のためにもなるべく早く眠りたいと思ってベッドに入っても、中々寝つくことが出来ずに時間ばかりが過ぎてゆく、こうした経験は多くの人が持っているものです。しっかりと眠らなければと思うほど中々眠ることが出来ず、体の疲れが取れないまま翌日を迎えれば、いろいろな場面で影響が出ることが考えられます。一日くらいなら翌日眠れば疲れも回復するとしても、そんな状態が長く続けば慢性的に疲労感が抜けず、時には頭痛や胃の痛みなどさまざまな体調不良を起こすことに繋がります。そんなことにならないためにも、どうすれば自分をリラックスさせてスムーズに快眠状態に移ることができるか、自分に合った入眠のための儀式のようなものを作っておくと効果的です。羊の数を数える、眠る前にミルクを一杯飲む、軽くストレッチをしてからベッドにはいるなど、その人それぞれに快眠のための環境へ移る儀式は異なります。そして同じ人でもその日の体調などによって眠りにつく前の効果的な儀式は異なることもあります。自分が自然に眠りに入れるためにどんなことが効果的なのか、それはその人にしかわからないものです。

 

マットレスは理想的な睡眠のために欠かせないアイテム

人間は一日のうち6時間から8時間ほどをベッドのうえですごすと考えると、マットレス選びはとても重要です。座り心地の良いソファーよりも、仕事をしやすい机よりも、マットレスはとても重要で体にも直接影響を与えるアイテムです。そのため、マットレスを選ぶときには数多くある種類の中からどれを選べば自分にとって理想的な睡眠につながるのかと言う答えを多くの人が求めているとも言えます。現在トップアスリートがコマーシャルをしている高価な製品を始め、体に良い影響を与えるといわれるマットレスは数多くあります。高価な製品はやはりクオリティも高く快適なのはたしかであり、一日のうちの約3分の一の時間を過ごすことを考えれば、ある程度の投資は必要だと言えます。それでも、その人の体が快適な睡眠を得られる状態も人それぞれに違うし、
製品によってこだわる部分も異なります。そのため必ずしも高価なものではなくても十分に快眠効果が得られるものもあります。
ある程度高額なマットレスを購入するには、可能であればお試しのできるものを選んで、自分で実際に使用して眠ってみることがおすすめです。物によっては1ヶ月から2ヶ月程度の無料お試し期間が利用できるものもあるので、自分自身で体験した上で自分にあったものを選べば高価な買い物であっても十分に見合うだけの価値があります。

 

満足できる快眠を得るために音楽を聴く

満足のいく眠りが得られない人のために、これを聞けば熟睡できるといったフレーズのついたCDなどが市販されています。けれども、ただ音楽を聴くことだけで眠りの質が良くなったり、眠れなかった人が一晩中ぐっすりと眠れるようになるわけではありません。基本的にはどんなにヒーリング効果の高い音楽であっても音は眠りを妨げるもののひとつです。ただしその音楽を聴くことによって脳がリラックスした状態になり、α波が出やすくなることで、その結果眠りに入りやすくなる環境が整うというのはあります。つまり音楽を聴くこと自体がこのリラックス効果のあるα波を出すわけではなく、音楽を聴くことで自然と心が穏やかに整って副交感神経が優位になった状態を作り出すことが眠りやすい状態へと誘う役割を果たしてくれるということです。音そのものは睡眠環境のためにはむしろ邪魔なものなのですが、リラックスできる音楽を聴くことで眠りのための準備を整えやすい環境を提供する効果が期待できるというものです。そうした環境に誘うための音楽は必ずしもこうでなければならないというものはないのですが、目を閉じてゆっくりと聴くことで落ち着いた気持ちになれる自然の鳥のさえずりや波の音などが効果的に使用され音楽が選ばれることが多いようです。

 

 

快眠におすすめの食事

 

人間が睡眠をとることが必要なわけ
インターネットの普及、24時間営業のさまざまなサービスの増加など、現代は夜眠って朝日と共に起きて活動するという自然の眠りのサイクルからかけ離れた生活を送る人は少なくありません。昼夜が逆転した生活のサイクルがすでに定着しているひともいるし、夜には睡眠のための時間を確保できるはずなのに、睡眠時間が極端に遅くていつも睡眠不足に陥っているという人もいます。けれども、人間の体は睡眠によって脳と体を休ませることができます。起きて活動している間は脳もフル活動している状態なので、眠ることでいったん脳と体をリセットし、翌日の活動に備えて疲れを取り除く、それが睡眠の役割です。いらいらすることがあっても、一晩眠ったらすっきりしたという経験を持つ人は多く、これは睡眠をとることで脳の疲れを取り除くことが出来た最もわかりやすい例だと言えます。そして睡眠中に分泌される成長ホルモンにより、新陳代謝が活発になり細胞が生まれかわり脂肪燃焼効果も上がります。よく美肌は夜作られるといわれるのは、このホルモンの影響をたとえたものです。一日活動した脳と体を休め、ストレスを解消し、体の細胞を生まれ変わらせる、これが人間にとって睡眠をとることが大切な理由です。

 

人それぞれ違う快眠への理想的な環境作り

忙しい現代人にとって快眠環境をすぐに整えることは簡単ではありません。いくら眠りたいと考えても周囲の環境が快眠には不適切な場合もあります。それでも体を維持していくために質の高い睡眠を得ることはとても大切で、そんな眠りにつくための環境作りでこだわりたい部分は人によって異なります。真っ暗で全く音のない環境のほうが良く眠れるのかといえば必ずしもそうではなく、人によっては明るすぎない程度の照明と、静かな音楽が聞こえる環境のほうがリラックスできて眠りに入りやすい場合もあります。大切なのは、どんな方法であれ自分がそのことをすることで静かに心地よく眠りに入りやすいかどうかです。不眠症に悩む人は現代人にはとても多いといわれ、不眠解消のためのさまざまな方法を紹介した書籍やグッズなども数多くあります。どんな方法にもそれなりに効果が期待できる可能性はありますが、万人に適した方法というのは残念ながら見つけるのは難しいと言えます。大切なことはその方法が自分をゆったりと落ち着いた状態にさせ、自然に眠りにつけるかどうかで、そのために効果的なアイテムや儀式は人それぞれなので、自分にあったものを見つけることが何よりも大切です。

 

すっきりと心地よく眠るための食事で大切なこと

 

人間の体は食べたものから作られます。そして食事の内容は睡眠の質に影響を与える為、寝つきが悪かったり、眠ってもすぐに目を覚ましてしまったり、寝起きがすっきりとしないといった状態の人は、食生活からの何らかの影響を受けている可能性があります。栄養的にはビタミンやミネラルタンパク質などの栄養がバランスよくとれる食事をすることが大切ですが、食べる量や食べ方にも注意したいことがあります。そして夜ぐっすりと心地よく眠るために朝食は昼間の活動時間の脳のエネルギー源となる糖分をしっかりと取るようにします。その分夕食はあまりカロリーをとりすぎないことと、就寝時間間近の夕食や夜食などは消化活動によって睡眠が妨害される可能性があるので食べすぎは特に要注意です。さらに快眠のために緑茶やコーヒーなどのカフェインの多い食材は覚醒作用によって睡眠を妨げることに繋がる可能性が大きいので、就寝前には避けるようにします。人によっては就寝時間の5時間前にとっても眠れないと感じることもあります。

 

快適な眠りを得るために欠かせないマットレス

 

一日の中で他のどこよりも多くの時間をすごすのがベッドです、そう考えれば自分の体にあった快眠効果の期待できる質の高いマットレスを選ぶことは眠りの質を上げ、健康な体を維持するためにとても大切です。かつては体が深く沈みこむようなゴージャスで柔らかなマットレスが好まれた時代がありましたが、快適な睡眠のためには柔らかすぎるマットレスは現在はむしろ敬遠される傾向にあります。現在はトップアスリートも使用しているとされる高性能な製品が数多くあり、価格もかなりバラつきがあります。高価な製品になるほど性能も高く、体に良い影響を与えて快眠状態を作り出しやすいのは間違いないとしても、誰もが気軽に購入できる価格かといえば、残念ながらかなり高額で中々手を出しにくいという人も少なくありません。それでも長い時間体を支えてくれるマットレス選びはとても重要なので、あまりにも予算を減らしすぎると、結局満足な眠りを得るものを選べない可能性もあります。そして高価なものなら誰にでも快適な睡眠が約束されているというわけではなく、あくまでも個人の感じ方は異なるのが一般的です。そのため、気になるマットレスがあったら可能ならば試しに使わせてもらうことです。メーカーによっては長期間の試用期間があるので、自分自身で試してみて本当に心地よい眠りを得られるものを選ぶことが出来ます。