1円もかけないで自然に良い眠りにつく方法

MENU

1円もかけないで自然に良い眠りにつく方法

健康な状態でさえあれば夜になれば自然に眠気がやってくるものですが、
生活時間の乱れやストレスによって寝付けないという事もあります。
深夜になっても変に目が冴えてしまったり、心配事、考え事があったりすると
なかなか眠れないものです。
特に腹が立つことがあればなおさらです。
無理に寝ようと焦っても逆にそれが神経を刺激してしまい
ますます眠れなくなってきます。
こういう場合は考えることを止めるために気分転換が必要です。
ひとまず眠ることを諦めてやるのです。
いったん寝床から出て軽く飲み物をとったり、
パラパラと雑誌を見たりするのもいいでしょう。
そうしているうちにまた眠れそうな気になれば
ベッドに入ればすっと眠れることがあります。

 

一番よくないのはそのまま朝まで起きてしまうことです。
それによりだんだん体内時計が狂い、
最悪昼夜逆転の生活に陥ったりします。
これが継続してしまうとなかなか元に戻せなくなります。
対処法としては、無理矢理にでも朝起きてしまうことから始めます。
頭がボーッとするでしょうが、なんとか夜までがまんして、
寝るべき時間に眠るようにします。
このような逆転状態をリセットするためには
太陽光を浴びるのが効果的です。
朝起きてすぐに外に出て、数分間日光を浴びます。
これで乱れた体内時計がリセットされます。

 

明日どうしても早く起きなければならないような時、
緊張感から眠れなくなったりします。
目覚まし時計をセットするとどうしてもそわそわしたり、
いろいろ不安になったりで気持ちが落ち着きません。
こんな時にアルコールの力を頼るのも時にはいいでしょうが、
それで眠れても良質な睡眠でないため、ぐっすり眠れず、
眠気や疲れが残ることになります。
もっとよくないのが睡眠薬に頼ることです。
全ての薬は毒であり、必ず副作用を伴いますが、
睡眠薬は体への悪影響が大きく、依存性があります。
常用することで少しづつ効かなくもなりますし、健康も害します。
そうならないためにも適度な運動はかかせません。
運動こそが睡眠導入の特効薬です。
体を動かせば体調の維持にもなりますし、
精神面にもプラスになります。
できれば屋外を歩くのが一番いいでしょう。

 

眠りに入るきっかけ作りも時には有効です。
音楽を聞く、本を読むなどは眠気を誘う簡単な方法です。
ラジオをつけっぱなしにしておくのもいいと思います。
本も過去に読んだものでもいいですし、
じっくり読むというよりは数ページだけで十分です。
まんがでも同じです。

 

特にお金を使って何か買わなくても
今あるものを使ってでも眠りのきっかけづくりはできます。

 

個人差はあると思いますが、神経質な人は誰かと一緒に寝るよりは
一人で静かに眠る方が邪魔されないでいいと思います。

関連ページ

よい睡眠の取り方と改善方法と枕 についてそしてストレス
よい睡眠の取り方と改善方法と枕 についてそしてストレス
幸せな妄想をしながら眠りについて、自分を守る!
幸せな妄想をしながら眠りについて、自分を守る!
質の良い睡眠は、寝る前にする二つのことから。
質の良い睡眠は、寝る前にする二つのことから。
満足する事となる、良い睡眠のとり方をしたいものです。
満足する事となる、良い睡眠のとり方をしたいものです。
良い眠り、は当然個人差もあるとは思いますが。
良い眠り、は当然個人差もあるとは思いますが。
良い睡眠をとるために気をつけたい事について。
良い睡眠をとるために気をつけたい事について。
ちょっとの工夫でこんなに変わる?良い睡眠のとり方!
ちょっとの工夫でこんなに変わる?良い睡眠のとり方!
不眠症だった私が寝られるようになった方法
不眠症だった私が寝られるようになった方法
良い睡眠をとるには 〜私が思う必要なアイテムと心との関係〜
良い睡眠をとるには 〜私が思う必要なアイテムと心との関係〜
良い睡眠は、健康を維持する事にとても重要です。
良い睡眠は、健康を維持する事にとても重要です。