良い睡眠は、健康を維持する事にとても重要です。

MENU

良い睡眠は、健康を維持する事にとても重要です。

睡眠不足が長くなり、四、五年が、経ったころに、
私は、大病にかかりました。

 

この時ほど、長い間、自分の身体を、ないがしろにしてきた事を、
後悔したことは、ありません。

 

病気に打ち勝つ力は、寝なければ、確保出来ませんから。。

 

長い間、不眠に苦しんできた私ですが、

 

睡眠導入剤などは、イメージ的に、
尻込みしてしまって、
使った事はありませんでしたが、

 

手術する前の病院に、数日入院したのですが、
その時に、術前に、睡眠不足では、身体がもたないですから。。。

 

と、看護師さんから、言われて、睡眠導入剤を、出していただきました。
おどろくほど、睡魔が来て
あっという間に寝てしまいました。。。

 

あれから、数年がたちますが、
導入剤は、今も、かかりつけ医に、出してもらっています。

 

1ヶ月に一度しか処方してもらえないルールが、ありますから、
薬だけを、とりに行くことは、出来ません。

 

毎回、診察をします。

 

もしも、あまりにも、寝られなくて、健康を、害してしまわれている方は、
医師に、相談されてみては、いかがでしょうか?

 

入眠剤をのんではいますが、
やはり、
導入剤に身体は慣れてしまいますので、

 

わたしなりに、色々な工夫はしています。

 

まず、パジャマは、締め付け感がないものが、1番です。

 

部屋の電気は、頭上よりも、フットライトが、眠りやすい、そうなので、
試していますが、
とても良いです。

 

イライラしているときは、アロマオイルを、つかいます。

 

オイルを垂らす皿が上に付いた、ライトなどもうられていますよ。見ていると楽しいですよ。

 

また、寝る前、30分間、首もとを、暖かくすると、良いらしいですね。

 

そして、1番心掛けているのは、
大好きなカフェインです。

 

コーヒーや、緑茶などに含まれる、覚醒効果は、若い人でも、3?4時間持続するそうです。
おまけに、加齢とともに、持続時間は、さらに長くなるそうです。

 

これを知った時にとても納得をしました。

 

ただでさえ寝付きの悪い私は、
カフェインは、お昼までにとらないと
なかなか眠くなりませんでしたから。。。

 

ちなみにNHK国民生活時間調査によると40代から50代は男女ともに睡眠時間が短く、
さらに女性の睡眠時間は男性より短いことが報告されているそうです。
主婦ってみんなの、生活や、健康を願いながら
つい自分がないがしろになってしますよね。。。。

 

どうしても日中に眠いときには、
30分以内の仮眠を取る習慣が大事だそうです。
15分程度明つぶって机にうつぶせいるだけでもリフレッシュ効果が期待されるそうですよ。

 

後は深夜のまぶしい作業を避けて午前中の日光浴を心がけると睡眠覚醒のリズムが整うそうです。
体のためにも本当に、質の良い眠りをたくさん取りたいので、

 

最近はスマホやパソコンなどいろいろな誘惑がありますので、
できるだけ意識しながら、
早めに切り上げて、
朝起きたら、
外の光を意識的に浴びたいなと思っています。

関連ページ

よい睡眠の取り方と改善方法と枕 についてそしてストレス
よい睡眠の取り方と改善方法と枕 についてそしてストレス
幸せな妄想をしながら眠りについて、自分を守る!
幸せな妄想をしながら眠りについて、自分を守る!
質の良い睡眠は、寝る前にする二つのことから。
質の良い睡眠は、寝る前にする二つのことから。
満足する事となる、良い睡眠のとり方をしたいものです。
満足する事となる、良い睡眠のとり方をしたいものです。
良い眠り、は当然個人差もあるとは思いますが。
良い眠り、は当然個人差もあるとは思いますが。
良い睡眠をとるために気をつけたい事について。
良い睡眠をとるために気をつけたい事について。
ちょっとの工夫でこんなに変わる?良い睡眠のとり方!
ちょっとの工夫でこんなに変わる?良い睡眠のとり方!
不眠症だった私が寝られるようになった方法
不眠症だった私が寝られるようになった方法
良い睡眠をとるには 〜私が思う必要なアイテムと心との関係〜
良い睡眠をとるには 〜私が思う必要なアイテムと心との関係〜
1円もかけないで自然に良い眠りにつく方法
2円もかけないで自然に良い眠りにつく方法