熟睡の方法体験談

MENU

熟睡の方法体験談記事一覧

ストレスを感じているとなかなか良い睡眠が取れません。しかしストレスを改善するためにタバコ吸います、多分 余計ストレスが増えます なかなかストレスをとることができなくなってしまいます。 そうなると、なかなか良い睡眠をとることができなくなってしまいます。 余計なことを寝る前に考え、 スマホ操作を続けていると、 ブルーライトを見るのでなかなか眠れなくなってしまいます。 例えばこのように文章を作成している...

睡眠と精神状態はきっと密接に繋がっているのですよね。今まで何度か不眠に陥り、色々工夫しているものの、繰り返しやって来る不眠はどんどん手強くなっています。良い睡眠をとるには精神を安定させる事が第一だと思いますが、自分の精神の安定は自分だけでコントロールする事は出来ませんものね。様々な要因で乱されてしまう自分の精神状態。気にしない様に振舞ってみるものの、体は正直で、夜中に目が覚めてしまい、なかなか眠り...

学生のころは夜勉強しなければならないのに、眠くて、眠くてたまらなかった思い出があります。社会人になって働き出してからは、仕事が終わり家に帰って、ごはんもお風呂も面倒なほどの眠気が襲っていました。しかし、仕事もフルではなくなり、昼間も家にいる時間が増えた現在は、夜になってもすぐに寝付けなくなってきました。 夜寝る前に本を読んでいたのが、最近はスマホを見てしまうようになったことも寝つきがわるくなったこ...

良い睡眠をとるためには、太陽の光を浴びることも大切です。眠っている際には、睡眠ホルモンと呼ばれている「メラトニン」の分泌をうながします。人の体内時計を知っておられますでしょうか。人間には、25時間にセットされた体内時計というものがあるのです。一日は24時間ですから、体内時計の25時間と一日24時間とのずれをなくすことで良い睡眠がとれるのです。そのためには朝起き上がってから、太陽の光を浴びる事が重要...

睡眠時間は一般的には7時間とか8時間が理想とされていますが、実際ショートスリーパーの人々は3時間でも十分な睡眠を得られると言いますし、逆にアインシュタインの様なロングスリーパーの方は10時間寝ても足りるかどうかであると聴いたことがあります。だとすると良い睡眠というのは定義が結構難しいな、とは思うのですが、それでも睡眠の質そのものを上げてしまえばよい睡眠というのを得ることは寝る時間の長短に限らず可能...

良い睡眠となるためには、睡眠の質を高めることが大切になります。睡眠の質を高めるには、生活のリズムが定めることが重要となります。悪い睡眠とならないように、気をつけて毎日を過ごしたいものです。睡眠の質の低下となる理由は、体温リズムやからだのホルモン分泌が定まらない状態となるからです。仕事休み等には、つい身体や神経を休めたくて朝寝坊などする人もいらっしゃると思います。この様な方法で、ご自分の心身を休める...

スマホ・パソコンなど、現代はいくらでも時間を使ってしまう物であふれています。ついつい夜遅くなってもやめられず、睡眠不足になる方も多いのではないでしょうか。睡眠不足になると、体調にも影響が出てきますし、仕事や家事など日中の動きにも影響が出てしまいますよね。そうならない為にも、ぐっすりと眠り、疲れがしっかりととれた状態で1日を過ごしたいものですが、そもそも「良い睡眠」とはどのようなものでしょうか。適切...

私は仕事のストレスで寝られない時期があって市販の睡眠導入剤を飲んでも効果なし、寝具を変えても眠れず苦労していました。寝つきかなり悪く、2時間ごろごろしていてやっと4時間寝られたら良い方で寝不足のまま仕事に行き昼間に眠くなり仕事もうまくいかず結果自律神経失調症になってしまい体調は最悪でした。眠ることが出来ないだけでめまい、頭痛、やる気もなくなり汗が止まらなかったり、悪夢にうなされたりと毎日辛くて病院...

今日の朝、目が覚めた時あなたはスッキリと気持ちがいい朝を迎えることができましたか?「睡眠」それは私たち人間にとって、とても大切な時間です。この睡眠の質が落ちるとさまざま不調がでてくる気がします。朝なかなか起きれない、起きてもボーっとする、うっかりミスが増える、昼間に眠くなる、めまいや頭痛がする・・・など色々です。ではどうすれば良い睡眠をとることができるのでしょうか?まず、睡眠をとる場所を考えてみま...

睡眠不足が長くなり、四、五年が、経ったころに、私は、大病にかかりました。この時ほど、長い間、自分の身体を、ないがしろにしてきた事を、後悔したことは、ありません。病気に打ち勝つ力は、寝なければ、確保出来ませんから。。長い間、不眠に苦しんできた私ですが、睡眠導入剤などは、イメージ的に、尻込みしてしまって、使った事はありませんでしたが、手術する前の病院に、数日入院したのですが、その時に、術前に、睡眠不足...

健康な状態でさえあれば夜になれば自然に眠気がやってくるものですが、生活時間の乱れやストレスによって寝付けないという事もあります。深夜になっても変に目が冴えてしまったり、心配事、考え事があったりするとなかなか眠れないものです。特に腹が立つことがあればなおさらです。無理に寝ようと焦っても逆にそれが神経を刺激してしまいますます眠れなくなってきます。こういう場合は考えることを止めるために気分転換が必要です...