腰痛におすすめの椅子やチェアー

MENU

椅子を変えて腰痛を治そう!おすすめ人気の椅子を紹介

腰痛を引き起こす座り方ってどんな座り方?腰痛を引き起こす座り方とおすすめの椅子

 

腰痛を引き起こす座り方って何? 腰痛の原因となる座る時の姿勢

普段、アナタは椅子にどんな座り方をしていますか?
立ち仕事の人であっても、通勤時や家でくつろいでる時には、椅子に座っていることが少なくないハズです。

 

もちろん、デスクワークでパソコン仕事をしている人は、一日の大半を座って過ごしている……という人もいらっしゃるでしょう。

 

ずっと立っているのに比べれば、長時間椅子に座るのは体力的に楽ですが、同じ姿勢で椅子に長時間座っていると、身体が硬直して血行が悪くなるのを感じたことがありませんか?また、長時間同じ姿勢で座り続けて、腰が痛くなってしまった――椅子に座ることが腰痛の原因になってしまったという人もいることでしょう。

 

でも、短い時間だけ椅子に座っている場合は、脚も疲れないし、立っているのと違って腰も安定し、身体も楽なので、身体に負担を感じることはありませんよね?

 

改めて考えて見ると長時間椅子に座っていると腰が痛くなってしまうのは、不思議ですよね?

 

短時間椅子に座っていると、身体に負担がないのにも関わらず、長時間座っていると、身体に負担がかかって腰痛が引き起こされてしまう……その理由は一体なんなのでしょうか?

 

 

長時間座っていると腰が痛くなってしまう理由

歩きまわって、クタクタになった時に椅子に座ると、「ホッ」としますが、実は私たちが気づいていないだけで、椅子に座るという行為は腰に大きな負担をかけているのです。

 

短時間座っているのであれば腰への負担がまだ少ないため気づきませんが、椅子に座っている時間が長くなれば、なるほど腰への負担は増えていき、「あいたたた……」と腰痛となって、腰の負担が表面化します。

 

それでは、なぜ座っている時間が長いと腰への負担が大きくなってしまうのでしょうか?

 

実は座っている時間に関わらず、人間骨格の構造上、座っている時にもっとも腰に体重がかかるようになっています。

 

短時間であっても、椅子に座っているだけで腰に負担がかかり、時間と共に腰への負担がどんどんと大きくなってしまうため、長時間座ると腰痛となって腰の負担が表面化してしまうのですい。

 

そもそも人間の身体は立っている時の状態が一番、身体への負担が少ない!

 

なぜなら、立っている間は腹筋と背筋で上半身を支え、腰で身体のバランスを取り、両脚で全身の体重を地面に分散させることが出来るからです。

 

 

それでは椅子に座っている時はどうでしょうか?
椅子の上に座っているのですから、脚は身体の重さ地面に分散させることから開放されるので、椅子に座っている間は、脚への負担はかなり軽減されます。

 

しかし、その代わり椅子と接しているお尻――腰回りで全身の体重を支えなければなりません。

 

椅子に座っている間、椅子のクッション部分と接するのは腰回りです。
今まで両脚で体重を分散させていたものが、椅子に座ることで、今度は腰回りだけで体重を分散させなければならなくなったのです。

 

 

そう、椅子に座って脚への負担は軽減されましたが、腰への負担は逆に椅子に座ることで増大してしまったのです!

 

 

また、座ると股関節が曲がって腹筋がゆるみます。

 

立っていた時は股関節が真っ直ぐに立っていたので、腹筋と背筋が上半身の重さを支えられていましたが、座って股関節が曲がり、腹筋が緩むとで、上半身の重さを背中・腰の筋肉・脊椎・椎間板(ついかんばん)――腰と腰回りだけで立っているときには必要なかった上半身の重さも支えなければならなくなります。

 

つまり、私たちが椅子に座っている時は、腰と腰回りが身体の全体重(上半身+下半身)を支えるため、立っている時以上に腰に負担がかかってしまっているのです。

 

 

座っている時の負担がもたらす腰へのさまざまな悪影響

座っている時に、腰に負担がかかるメカニズムはご理解していただけたかと思います。それでは座っている時に腰への負担が大きくなってしまうと、どのような悪影響をもたらされてしまうのでしょうか?

 

座っている時の腰への負担がもたらす悪影響は以下の通りです。

 

  • 腰の神経の圧迫
  • 腰の筋肉の強張り
  • 腰回りの血行不良
  • 骨盤のゆるみ・ゆがみ

 

 

@腰の神経の圧迫

骨盤はさまざまな神経が通っている身体の中でも、特に重要な場所です。
普段通りの生活をしてれば、腰と骨盤に負担がかからないため、腰と骨盤の間を通っている神経が圧迫されることはありませんが、長時間座っていた場合には、腰と骨盤に負担がかかってしまうため、腰回りの神経を身体の重さで圧迫してしまうことがあります。

 

腰回りの神経が圧迫されると、酷い痛みを引き起すため、直接的に腰痛が引き起こされてしまうのです。

 

 

A腰の筋肉の強張り

座っている時は、腰周りの筋肉が全体重を支えているため、腰回りの筋肉がリラックスすることが出来ず、常に筋肉が緊張した状態を維持してしまいます。

 

この状態が続くと、腰の筋肉に疲労物質である「乳酸」がたまり、腰がこりやすくなり、腰痛の原因となってしまうのです。

 

 

B腰回りの血行不良

座っている時の血行不良には2つの原因があります。

  1. 腰回りの筋肉の強張り
  2. 腰回りの血管が体重によって狭まる

 

「腰回りの筋肉の強張り」と「腰回りの血管が体重によって狭まる」。
この2つの原因は水道管が外側の力によって凹んでしまうと、思うように水が流れないのと同じ理由です。

 

筋肉が強張って、血管が狭められれば、やはり血液は潤滑に流れませんし。体重によって腰回りの血管が狭められれば、やはり血液は潤滑に流れることが出来ないため、腰回りの血行不良を招いてしまいます。

 

腰回りの血液が上手く潤滑しないと、腰に乳酸以外の毒素がたまり、ますます腰が痛くなりやすくなってしまいます。

 

また血行不良によって新陳代謝が悪くなってしまうと、体重も増えやすくなるのですが、体重が増えれば増えるほど、腰への負担が増えて、こちらもやはり腰痛を引き起こしやすくなってしまうのです。

 

 

C骨盤のゆるみ・ゆがみ

腰に負担と圧がかかってしまうと、腰の筋肉が押しつぶされるだけでなく、骨盤にも圧がかかってしまうので、少しずつ骨盤がゆるみ・ゆがみやすくなってしまいます。

 

骨盤がゆるみ・ゆがんでしまうと

  • 腰痛
  • 血行不良
  • 新陳代謝の低下
  • 下半身の筋肉の衰え など……


上記のような、さまざまな悪影響を身体に与えてしまいます。

 

しかも、厄介なことに骨盤がゆるみ・ゆがむと@〜Bの悪影響も、より強くなりやすいため、骨盤がゆるみ・ゆがむと相乗効果で、より腰痛が引き起こされやすくなってしまうのです!

 

 

このように、長時間椅子に座っていると腰に負担がかかり、上記のようさまざまな悪影響を身体に与えてしまうのです。

 

ちなみに立っている時の椎間板にかかる圧力を100とした場合、椅子に座った姿勢では140。さらに座っている状態で猫背になると腰への圧力が185まで跳ね上がるという研究データーが算出されています。

 

単純に数値だけ見れば、立っている時に比べて、椅子に座っている時には、腰に1.5倍近くの負担がかかっていると言えるのです。

 

このように座っている時の腰へ負担の増加が、腰痛の根本的な原因です。
ただし、座っている状態によっては腰への負担がさらに増加し、立っている時に比べて腰への負担が2倍近くまで跳ね上がることがあります。

 

それでは、どのような状態で椅子に座っていると、腰への負担が2倍近くまで跳ね上がってしまうのでしょうか?

 

 

腰への負担を2倍にする4つの"悪"座り方

  1. 猫背で背中が丸まっている
  2. 腰が反り気味になっている
  3. 下腹が前に突き出ている
  4. 肩の高さが左右で違う

 

腰への負担を倍増させてしまう、悪い座り方は、大まかにわけてこの4種類です。
言わずもがなですが、椅子の上であぐらをかいたり、脚を組んでいたりする場合は、そもそも姿勢が悪いので、腰への負担を大きくしてしまいますので、後術する正しい座り方を実践するようにしてください。

 

それでは上記の4つの座り方がなぜ"悪"なのかを、1つずつ解説していきましょう。

 

 

【"悪"座り方】@猫背で背中が丸まっている

座っている時は、ただでさえ腰に立っている時の1.5倍近い負担がかかっているのにも関わらず、猫背になってしまうと、2倍近い負担が腰にかかってしまいます。なぜ普通に座っている時よりも、猫背で座っている時の方が、腰に負担をかけてしまうかというと、猫背になってしまうと身体の重心が前になってしまうからです。

 

本来ならば、椅子に座った時に身体の中心部分に重心がかかり、均等に体重を分散してくれるのですが、猫背になると家だが前かがみになってしまうため、座っている時の重心がずれてしまいます。

 

身体が前かがみになるということは、まっすぐな針金を曲げているようなもので、曲がった針金がまっすぐな針金に比べて切れやすいのと同じように、腰も曲がってしまうと、まっすぐ座っているよりも負担が大きくなってしまい、骨盤が曲がったり、腰回りの筋肉が強張ったりしてしまい、腰痛を招きやすくなってしまいます。

 

また、猫背になって腰への負担が大きくなると、椎間板がズレやすく。
椎間板のズレによって、骨盤を通る神経が圧迫されて、腰痛や椎間板ヘルニアを招いてしまうこともあるので、座っている時の猫背は、悪座り方なのです。

 

 

【"悪"座り方】A腰が反り気味になっている

猫背になって、身体が前かがみになるのがダメだからと、腰を反らせて胸を張るように座ると、それはそれで腰痛を招きやすくなってしまいます!

 

身体の中心から重心がズレると、その分腰への負担が跳ね上がってしまうのは先述した通りですが、腰が反り気味になってしまうと、今度は腰だけでなく、背骨に悪影響を与えてしまうのです。

 

胸を張るように、身体を反らせてしまうと、背骨のキレイなS字カーブが「I」字に近くなってしまい、上半身の重さを分散させることが出来なくなってしまいます。

 

そもそも背骨がI字のように、まっすぐに伸びていないのは、上半身の重さを「バネ」のように分散させるためですが、背骨がI字に近くなってしまうと、上半身の重さを分散させることが出来ず、腰にダイレクトに体重がかかってしまいます。

 

そして、腰にダイレクトに体重がかかってしまと、腰の筋肉の強張りや血行不良、骨盤のゆがみを引き起こす……ということで、腰が反り気味になっているような座り方も、悪座り方です。

 

 

【"悪"座り方】B下腹が前に突き出ている

座っている時に、アナタのお腹はどんな風になっていますか?
もしも、下っ腹がだらしなく前に突き出しているのなら、アナタの腰痛の原因は、それかも知れません。

 

下っ腹がぽっこり前に突き出しているということは、知らないうちにAの状態と同じく「反り腰」になっている証拠です。

 

本来腰に負担がかからないキレイな座り方をしていると、腹筋と背筋に無意識のうちに負担がかかってしまうため、むしろお腹は前に突き出ることなく、身体の中に収まっています。

 

しかし、そうでないのならアナタの座り方は、悪座り方になってしまっているでしょう!

 

なお「下腹が前に突き出ている」による身体への悪影響はAと同じなので、ここでは割愛させて頂きます。

 

 

【"悪"座り方】C肩の高さが左右で違う

身体を前かがみにしたり、身体を反らせたり、身体の前後のゆがみだけが、腰痛の原因ではありません。当たり前ですが、身体の左右のゆがみも、腰への大きな負担になってしまいます。

 

もしも、座っている時に、肩の高さが知らず知らずのうちに左右で違う場合は、身体が右か左のどちらかに傾いているのかも知れません。

 

身体が前に倒れればその分腰に負担をかけますし、後ろに反れればそれはそれで腰に負担をかけますが、やはり左右のどちらかに傾いても、身体の重心がずれてしまうため、腰への負担は大きくなってしまうので、座っている時にはなるべく肩の高さがフラットになるように、注意してください。

 

 

【必見】腰痛に悩まされている方のためのおすすめの椅子3選

身体にさまざまな悪影響を与えてしまう悪座り方が理解出来たなら、腰痛の人の腰への負担を減らすことが出来る、おすすめの椅子を3つご紹介したいと思います!

 

 

[腰痛改善におすすめの椅子]@バランスボール

スポーツジムなどによく置いてある『バランスボール』は、実は椅子として使うのにもおすすめのアイテムなんです!

 

バランスボールの上に座る。これだけでも、随分コツが必要ですがコツを掴めば、バランスボールの上に何時間でも座れるようになります。

 

しかも、バランスボールは身体の体重を高いクッション性能によって、ボールが地面まで分散してくれるため、腰への負担が軽くなるだけでなく、バランスボールの上に座ることで腰回りのインナーマッスルを鍛えることも出来るので、腰痛の改善だけでなく、骨盤の歪みを治す効果も期待出来る優れものなんですよ!

 

しかも、1個当たりの金額は高い椅子を買うよりも経済的。
腰痛改善とコスパで選ぶなら、バランスボールがおすすめです!

 

 

[腰痛改善におすすめの椅子]Aアーロンチェア

仕事場でも自宅でも、椅子に座ってパソコン仕事をすることが多い、という方は是な世界で愛されている『アーロンチェア』を利用されてみてはいかがでしょうか?

 

人間工学に基づいて作られたアーロンチェアは、自分の腰にとってぴったりの椅子になるように、細かくカスタマイズすることが可能です。オーダーメイドの椅子を買うのは簡単なことではありませんが、アーロンチェアならお金をかけずに、自分にぴったりの椅子に調整することが出来るんです!

 

既製品の椅子では、なかなか疲れが取れないという方や、長時間椅子に座ってなにか作業をするという方は、アーロンチェアを使って、腰と身体への負担を軽減されてみてはいかがでしょうか?

 

オーダーメイドの椅子に比べれば価格は安めですが、それでも10万以上はするので、購入の際はご注意を。

 

 

[腰痛改善におすすめの椅子]Bアーユルチェアー

日本人の身体特性に合わせて3年間もの月日を費やして作られた椅子が『アーユルチェアー』です。特許取得・グッドデザイン賞受賞の「姿勢がよくなる健康イス」として販売されているアーユルチェアーは、座っているだけで、自然に姿勢が良くなるという、座っている時の姿勢が悪く、腰痛に悩んでいる人にこそ使って欲しい椅子です。

 

従来の椅子とは、大きく異るその見た目とは裏腹に、医師や腰痛の専門家から「自然と理想的な姿勢で座ることができる」とお墨付きを貰った、このアーユルチェアーは、2週間無料モニターが可能な、品質に自信がある椅子です。

 

「座っている時の姿勢がどうも……」と、自分の座り姿が悪いことを自覚しているのなら、アーユルチェアーを使うべきでしょう。

 

 

椅子だけじゃダメ!合わせて知っておきたい正しい座り方

腰痛に効く椅子をご紹介しましたが、それだけでは本当に腰痛を改善することはできません。根本的に座っている時の腰痛を改善させたいのなら、自分にあった椅子を選ぶだけでなく、正しい座り方をすることが重要です。

 

正しく座るためには、以下の項目注意しながら座るようにしてください。

 

  • 座面に深く腰掛ける
  • 背筋を真っ直ぐ伸ばす
  • 顎を引き、まっすぐ前を向く
  • 背もたれには寄りかからない

 

椅子に座る時には、ついつい座面に浅く腰掛けてしまいがちですが、浅く腰掛けると腰にかかる体重を上手くコントロールすることができないので、なるべく深めに座面に越しかけるようにしてください。

 

また、ついつい背もたれに、身体を持たれ気味にしてしまいがちですが、背もたれにもたれると、腰が反ってしまい、腰に負担をかけてしまうので背もたれは、極力使わないようにしましょう!

 

椅子に座る際には、上記の項目を常に意識しながら、座るようにしてください。

 

また1時間以上椅子に座りっぱなしになる際には、背筋を伸ばしたり、一回立ち上がって腰を伸ばしたりして、姿勢を変えるようにしましょう!

 

 

たかが椅子、されど椅子。腰痛を改善させるために、正しく椅子に座りましょう!

普段何気なく椅子に座っている人がほとんどでしょう。
毎日の何気ない行動のため、椅子に座る際に、いちいちあれやこれや考えて座るという人はほとんどいないでしょう。

 

しかし、本当は毎日座り椅子だからこそ、正しい座り方を意識して、座るべきなのです。

 

ちなみに、日本人は世界で一番椅子に座っている時間が長い国民だといわれています。日本以外の国の座る時間は、4〜5時間程度らしいのですが、日本人は1日7時間以上もいすの上に座っていると言われています。

 

つまり、毎日7時間以上も椅子に座っているということは、日本人は人生の3分の1を椅子に座っていると言っても過言ではないのです。

 

人生の3分の1も預けている椅子に、間違った座り方をずっとしていたら、腰痛を引き起こすのはある意味必然と言えるでしょう。

 

もしも、腰痛で悩まされているのなら、人生の3分の1の時間を過ごす、椅子と椅子の座り方を見直してみませんか?