寝起きの腰痛原因と対処方法

MENU

寝起きの腰痛原因と対処方法|背中が痛い人も必見

寝起きの腰痛の4つの原因とたった1つの改善法 寝具を見直して、寝起きの腰痛とおさらばしよう!

 

朝、目が覚めると腰が痛い……。寝起きの腰痛はなぜ引き起こされる?

腰痛の原因は人それぞれですが、朝起きて腰に痛みを感じる人は、少なくありません。
気持ちが良い朝の目覚めのはずなのに、朝起きてベットから起き上がろうとした瞬間に「痛っ……!」と、毎朝不快な腰の痛みが襲い掛かってくるのですから、毎朝起きるのが億劫になってしまうことでしょう。

 

しかし、普通の状態であれば寝ている時に、身体はリラックスするはずなのに、なぜ腰が痛くなってしまうのでしょうか?

 

 

寝起きの腰痛の原因は何? 寝方? 寝具? それとも……?

もともと腰痛持ちの人であれば、寝起きに腰痛が引き起こされてしまう原因は、なんとなく察しがつくかも知れませんが、日常生活でそれほど腰の痛みを感じていないはずなのに、朝起きて身体を起こす瞬間に腰痛を感じてしまう人の原因はなんなのでしょうか?

 

そもそも腰痛の主な原因は、骨盤の歪みや腰の筋肉の緊張から来るコリが原因ですが、寝起きの腰痛の原因は、それだけではないようです。

 

○寝起きの腰痛の4つの原因

  1. 寝方
  2. 腰回りの環境
  3. 寝る前の食事
  4. ベットや枕などの寝具

 

 

 

【寝起きの腰痛の原因】@寝方

寝起きの腰痛の原因として、イメージしやすいのが「寝方」でしょう。
寝たときには、あお向けに寝ていたはずなのに、気がついたら全く違う寝方をしていた――という経験は誰にでもあるのではないのでしょうか?

 

私たちは寝ている間に、毎晩20回程度寝返りを打っていると言われています。
無意識下で行われる寝返りですが、知らぬ間に腰が痛い姿勢に寝返りを打ってしまい、その姿勢が長期間維持されてしまった場合には、腰痛を引き起こしてしまう場合があります。

 

また、普段寝ている時の姿勢が、あお向けではなく、うつ伏せの場合は、他の寝方をする人よりも腰痛が引き起こされやすいとされています。

 

本来、腰に一番負担がない眠り方が「あお向け」です。
あお向けに寝ることで腰が安定して体重をベットや布団に分散させることが出来るのですが、うつ伏せに眠ってしまうと、腰が浮いてしまうため、腰が安定せず、腰回りの筋肉が落ち着きません。

 

本当ならば腰がベットや布団の上で安定しているため、腰周りの筋肉の緊張をほぐすことが出来ているのですが、うつ伏せの状態では腰が宙に浮いているため、筋肉が強張り、血行が悪くなって腰が凝ってしまい、腰痛が引き起こされてやすくなってしまいます。

 

 

 

 

仰向け寝の場合
あお向けに横になる

背中・腰に体重がかかる

ベットや布団が背中・腰の負担を分散する

背中・腰がリラックスする

腰の筋肉がほぐされ、血行が良くなる

腰が痛まない

 

 

 

うつ伏せ寝の場合

 

 

 

 

うつ伏せに寝る

背中・腰が上向きになる

背中・腰が宙に浮いている状態になる

背中・腰がリラックスすることが出来ない

背中・腰の筋肉が強張ったままの状態になる

背中・腰の血行が悪くなり、凝る

腰が痛くなる

 

 

 

【寝起きの腰痛の原因】A腰回りの環境

寝方も腰痛を引き起こしてしまいますが、腰回りの環境が悪いと腰痛が引き起こされてしまいます。もちろん、起きている時の腰の環境が悪ければ、腰痛が引き起こされてしまいますが寝ている時の環境も、寝起きの腰痛に大きく影響します。

 

例えば、寝ている時に腰に布団を巻かず、腰を冷やしてしまうと、腰回りの血行が悪くなってしまい腰回りの筋肉がリラックスできず、腰痛が引き起こされやすくなってしまいます。また寝相が悪く脚の向きがあっちに行ったり、こっちに行ったりしている人の場合は、脚が無理な方向を向くことで骨盤を歪め、腰痛を引き起こしている可能性があります。

 

もちろん、もともと腰痛持ちの人は、腰回りの環境がそもそも悪いので、寝ている間も腰周りの環境(血行や腰周りの筋肉の強張り)が改善しないため、朝起きて腰痛がぶり返されてしまうことがあります。

 

 

【寝起きの腰痛の原因】B寝る前の食事

寝起きの腰痛の盲点が「寝る前の食事」です。
「寝る前の食事と腰痛にどんな関係があるの?」と思ってしまいますが、食事を取るということは言い換えれば、胃や小腸、大腸を動かすということでもあります。

 

普通、夕食は寝る4〜5時間前に食べるものですが、夜遅く食事を取ったり、夜食を食べたりして、寝る直前に食事を取ってしまうと、本来ならば寝ている間に活発に動かない内臓が動いてしまいます。

 

本来動かないはずの内臓――胃や小腸、大腸が夜寝ている間に動いてしまうと、その分負担がかかってしまい、腰や背中の筋肉が緊張して固くなって、血行が悪くなり、腰痛を引き起こしてしまうのです!

 

また、辛いモノを食べ過ぎてしまうと、胃腸が荒れて、胃や小腸、大腸に負担がかかり、同じく腰痛を引き起こしてしまうので、ご注意ください。辛いモノによって引き起こされる寝起きの腰痛は、睡眠時間に関わらず胃腸が荒れてしまうことが原因なので、辛いものが好きな人は、腰痛を予防するためにも、辛さを抑えて食べることをおすすめします。

 

なお寝る前2時間以内に何か食べると寝起きに腰を痛めてしまう可能性があるので、少なくとも食後2時間以上空けてからなるべく寝るようにしてください。

 

 

 

 

寝る2時間以上前に食事をした場合

 

睡眠する

寝ている間に内蔵が休息する

内蔵に負担がかからない

腰が痛くならない

 

寝る2時間以内に食事をした場合

 

 

 

 

 

寝る2時間以内に食事を食べる

睡眠する

寝ている間に内蔵が活発に動く

内臓が休息できない

内臓に負担がかかる

腰が痛くなる

 

 

 

【寝起きの腰痛の原因】Cベットや枕などの寝具

寝ている時に身体の下側になる、背中や腰にかかる体重を分散させ、受け止めてくれるのがベットや枕と言った寝具です。しかし、寝具が自分の身体にあっていなかった場合は、背中や腰にかかる体重を分散させることが出来ず、背中や腰に多大なる負担が与えてしまいます。

 

自分の身体に合わないベットや枕を使用していると、背中や腰に体重がかかってしまうため、筋肉をリラックスさせることが出来ません。背中や腰周りの筋肉がリラックスすることが出来ないと、腰回りの筋肉が強張ってしまい血行が悪くなり、他の原因と同じく寝起きの腰痛を引き起こしてしまうのです。

 

しかも、自分の身体に合わないベットや枕を使っているということは、365日毎晩、平均睡眠時間とされる7時間以上も背中や腰回りの筋肉が凝り固まってしまうような、姿勢を続けているということでもあり、そのままの状態を放置していると、腰痛が悪化するだけでなく、起きた時に腰が痛くなるだけでなく、一日中腰が痛い状態が長期間続く慢性腰痛症になってしまう可能性があるので、このまま放置するのではなく、早急に対策を立てた方が良いでしょう!

 

 

さまざまな寝起きの原因をどう解消する?

寝起きの腰痛には、さまざまな原因があることをご紹介しましたが、それでは寝起きの腰痛の予防・改善するにはどうすれば良いでしょうか?

 

そもそも寝起きにかぎらず、腰痛の主な原因は

  1. 骨盤の歪み
  2. 腰回りの血行不良
  3. 腰回りの筋肉の強張り

 

の3つです。

 

寝起きに関わらず、腰痛を改善させるためには、この3つの原因を改善しなければなりません。

 

それでは、どうやって寝起きの腰痛を予防・改善することが出来るのでしょうか?

 

 

寝起きの腰痛を予防・改善するたった1つの方法

寝起きの腰痛を予防・改善するためには寝具を自分にあったモノに変えるのが一番です。寝る前の食事が原因の場合は、寝る2時間前以上に食事を取らないようにすれば良いのですが、それ以外の

  • 寝方
  • 腰回りの環境
  • ベットや枕などの寝具

 

3つの原因に関しては、寝具を自分にあったものを変えるだけで、解決します。

 

それでは、どのような寝具を選べば起きた時の腰痛を改善させることが出来るのでしょうか?

 

 

寝返りが打てる枕を選ぶ

人間は皆、夜寝ている時に寝返りを打っています。
「寝返りを打つなんて、寝相が悪い」そんな風に思われがちですが、実は寝返りを打つからこそ、身体の――背中と腰の負担を減らすことが出来るのです。

 

人間は寝返りを打つことで、身体が下向きになる部分をコロコロと無意識下に変えています。私たちの身体は、寝返りをコロコロと打ち、身体の下になる部分を変え、全身の体重が同じ箇所にかからないようにしています。

 

まず、自分に合う寝具を選ぶために、寝返りを打ちやすい枕を選ぶようにしてください。

 

寝返りが打てる枕の選び方は、以下の通りです。

 



  • クッション性がある


    枕の高さが高すぎない


    枕が柔らか過ぎない


    身体の広い範囲をカバーする


    身体が自然に仰向き・横向きになる


 

上記のチェックに3つ以上当てはまる枕を選べば、寝返りを打つことが出来るので、腰痛の原因を1つ取り除くことが出来ます。

 

ちなみに、寝返りを打ちやすく、腰への負担を軽減させることが出来るおすすめの枕はこちらです!

 

 

腰痛改善におすすめの枕『横向枕』

寝返りを打ちやすくする枕を選ぶのは、実は至難の技です。
なぜなら、いちいち展示されている枕を実際にベットで寝て、枕の寝心地を確かめるのは当たり前ですが、寝ている時に身体がどう動くのかは、自分では判断することができません。

 

なぜなら寝返りを打つのは、自分が意識しない無意識下のことだからです。

 

私たちの脳は、私たちが眠っている時にも身体に「寝返りを打て」と指示しています。しかし、これはすべて私たちが萎えている無意識下で行われるため、自分ではどうすることもできません。

 

だから、意識化で枕を選んでも、その枕が自分にあったかどうかは、わからないのです。それでは、どんな枕を選べば寝返りを打ちやすくなるのでしょうか?

 

なかなか難しい枕選びでお悩みの方におすすめの枕が、1つだけあります。
それが『横向枕』です。

 

『横向枕』は頭・首・肩・腕の4点で身体を支える特許技術を使った枕で、自然に身体の向きを東洋医学で身体に負担がないとされる横向きにする枕が、この『横向枕』なのです。

 

この『横向枕』は、身体を自然に横向きになりやすいため、寝返りを打ちやすく、身体の疲れを取りやすいという特徴があります。

 

もちろん、枕の高さも、クッション性も文句なし!
自分に本当にぴったりの枕選びに悩んでいる方は、とりあえず『横向枕』を選んでみてはいかがでしょうか?

 

 

背中と腰に負担をかけないマットレスを選ぶ

枕の選び方がわかったら、次は背中と腰に負担をかけない、身体の重さを分散させる力が強いマットレスを選んでください。
ベットや敷布団、マットレスは一生ものの買い物ですが、間違ったモノを買ってしまうと、一生背中と腰を痛め、腰痛を引き起こしやすい寝方をしてしまいます。

 

そうならないためにも、自分の身体にあるマットレスを選ばなければならないのですが、マットレス選びは値段が高いだけでなく、寝返りや身体の体重を分散させることも踏まえて慎重に選ばなければなりません。

 

まず注意して欲しいのが、マットレスに横になった時に、まったく沈み込まないマットレスは選ばない方が良いということです。まったく沈み込まないマットレスということは、身体の体重が分散されにくいマットレスであるだけでなく、マットレスが硬すぎて、身体を滑り込ませることが出来ないため、寝返りを打ちにくいのです。

 

また、その逆に柔らかく、沈み込むマットレスを選べば良いかというと、それはそれで寝返りが打ちにくいので、マットレス選びは難しいのです。ウオーターベットのように、水に浮いているかのように、身体の負担をマットレス全体で分散するモノなら良いですが。

 

そうではなくただ身体が沈むこむだけのマットレスの場合は、身体の負担を減らすことが出来るかも知れませんが、寝返りは身体がマットレスに沈み過ぎて打ちにくくなってしまっています。

 

つまり、寝返りのことを考えると、クッション性と沈みこまない程度のマットレスの硬さが重要になるということです。

 

ちなみに、自分でマットレスを選ぶ際には、実際に横になって以下の項目をチェックしてください。

 



  • 横になった時の背中・腰への負担


    横になった時の身体の沈み


    寝返りの打ちやすさ


 

上記のチェックに3つすべて当てはまるマットレスが、腰の痛みに悩むアナタにぴったりのマットレスです。

 

しかし、枕同様に寝返りが打ちやすいマットレスを探すのも楽ではありません。

 

「どんなマットレスを選んで良いかわからない」そんなアナタにおすすめしたいマットレスがこちらです!

 

 

腰痛改善におすすめのマットレス『高反発マットレス モットン』

寝返りには、大きく分けて

  • 良い寝返り……眠ったまま無意識のうちに楽に姿勢を変える寝返り
  • 悪い寝返り……姿勢が落ち着かず、寝返りを繰り返してしまう寝返り

この2つの寝返りがあります。

 

理想としては「良い寝返り」を打つマットレスを使って、寝ることですが、寝返りを打ちやすい枕を探すのと同じくらい、「良い寝返り」を打つマットレスを選ぶのは困難です。

 

しかし、『高反発マットレス モットン』を使えば、楽に「良い寝返り」を打つことが出来るでしょう。その理由は『高反発マットレス モットン』が「良い寝返り」を打つために開発されたマットレスだからです。

 

『高反発マットレス モットン』は、その名の通り高反発のクッション素材を使って出来たマットレスです。高反発のクッション素材は、横になった身体の体重を受け止めることが可能であり、高反発のマットレスが身体をふんわりと包むだけでなく、やさしく押し返すので、楽に寝返りを打つことが出来ます。

 

寝返りを打つ時の反発力があるかどうか、実はこれが寝返りの打ちやすさの大きな決め手なのです。

 

 

市販されているマットレスの多くは、クッション性に優れてはいますが、従来のクッション素材を使っているため、反発力はいまいちでした。しかし、『高反発マットレス モットン』は新素材のクッション素材を使っているため、マットレスの上でボールを落としても、ポンポンと跳ね返ります。

 

そして、そのボールがポンポンと跳ね返る反発力こそが、身体に自然な寝返りを打たせ、腰痛を予防・改善することにつながるのです!

 

 

今すぐ枕とマットレスを買い換えられないなら『抱きまくら』を使ってみては?

自分の身体にあった枕とマットレスを使えば、腰への負担を軽減させることが出来るため、腰痛を予防・改善し。寝起きの腰痛を無くすことが出来る……とわかっていても、そう簡単に寝具は買い換えられるものではありません。

 

そもそも寝具を買い換えるということは、今ある寝具を捨てなければならないため、今ある寝具を処分することを考えると、ついつい及び腰になってしまうものです。

 

そんなアナタは、とりあえず枕とマットレスを買い換えるために、『抱きまくら』を使って、腰痛を予防してみてはいかがでしょうか?

 

枕を抱きしめたまま寝る『抱きまくら』は、その格好が子どものようで「大人げない」と思われてしまいがちですが、抱きまくらを抱くことで、身体を自然な形で横向きにするだけでなく、抱きまくらを抱きかかえていることで、身体に丸みが帯びるため、「良い寝返り」を打ちやすくなるという特徴があります。

 

また、他の寝具に比べれば費用がお手頃なため、とりあえずの腰痛予防・改善として、抱きまくらを使うことは、理にかなっています。

 

しかし、残念ながら抱きまくらだけでは、完全に腰痛を予防・改善させることは出来ないので、ある程度余裕が出来たら、枕とマットレスを自分の身体にあったものに買い換えることをおすすめします。

 

 

寝起きの腰痛は寝具で解決! これからの人生のために賢い選択を

朝起き上がる時に感じる、うんざりするような腰痛は、ご紹介したように寝具を変えることで、予防・改善・解消することが可能です。

 

改めて考えると、私たちは1日の約3分の1もベットか布団の上で過ごしているのにも関わらず、寝具に対するこだわりは、決して強いとは言えない部分があります。本当に身体のことを考えるのなら、1日の約3分の1も身体を預けている枕やマットレス選びに、もっと真剣になるべきです!

 

しかも、寝起きの腰痛に悩まされているのなら、原因は枕やベットにある可能性が非常に高いので、今すぐ寝具を一新するのが難しいという方は、腰痛を予防・改善・解消するためにも、抱きまくらだけでも購入を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

長年悩まされていた腰痛が、抱きまくら1つで治る可能性もゼロではありません。

 

もちろん、本当に腰痛を治したいのなら、枕もマットレスもおすすめしたモノに変えるのが一番ですが、とりあえず自分の腰のためにも、抱きまくらの効果を確かめてから、他の商品をどうするかを検討しても、決して遅くはありませんよ!

 

 

 

yajirusi

 

人気マットレスおすすめ