腰痛マットレスランキング-口コミと評判

MENU

起きた時に背中が痛い人におすすめのマットレス

 

背中が痛い

ベットで就寝中の背中の痛みとして、背中の筋肉の疲労や筋肉痛など背骨のゆがみやズレなど色々な症状が有ります。

 

まれに背部の毛細血管が圧迫され続け、酸素供給が不十分となり、神経の一部が機能していない状態になり痛みを起こすことも有ります。

 

痛みの種類

 

就寝中の背中の痛みは病気では無く、特に悪化することは有りません
ただ鈍い痛みが慢性的に持続します。

 

多くは寝床の布団やマットレスが、身体に合っていない事が原因で、就寝中に身体にかかる圧力を分散する事が出来ず、背中に負荷をかける事により起こります。

 

筋肉の疲労

 

筋肉の疲労や筋肉痛は、それ程の痛みは感じず、背中の筋肉が硬くなってる、背中が重くうずく、鈍い痛みが感じられるなどの症状で、病院へ行っても背骨の異常はなく、内臓疾患も無ければ筋筋膜痛症候群と診断され、それはコリや痛みの総称でよばれます。

 

背骨のゆがみ

 

背骨のゆがみは、骨盤や腰回りの骨がゆがむ症状です。
背骨は正常なら真っ直ぐに伸びていますが、毎日横向きで寝るとかしていると体重のかかる方へ少しずつ背骨が曲がってきます。こういう状態が続くと、ゆがみが大きくなりゆがんだ方向の背中に痛みを感じます

 

ゆがみは前後でも起きることが有ります。背骨は体の横から見た場合、緩やかなカーブを描いています。このカーブの角度が異常に大きくなる前後方向への歪みによっても背中の痛みが現れます。

 

姿勢の悪さなどが原因でひどい猫背の人に多く見られます。
これも横向きに寝るのを続けたり、うつぶせ状態で寝るのを続けたりして起こる症状です。

 

背骨のズレ

 

背骨のズレの多さは、骨盤や腰回りの骨のズレで起こります、腰のひねりとか姿勢の悪さや不自然な姿勢などで、近くの神経を圧迫し背中の痛みを感じます。

 

背骨は幾つもの骨と骨が幾層にも折り重なって構成されています。就寝中知らず知らずの
内に不自然な姿勢で寝たり、腰をひねったりすることで痛みを感じるのです。

 

背骨の血管異常

 

背部の毛細血管が圧迫されるのは、同じ姿勢で寝続け、酸素供給が不十分となり、神経の一部が機能していない状態になり、痛みを起こすことです。
多くは背中の筋肉が少なく、寝返りも難しく同じ姿勢で就寝することが原因です。

 

筋力をつけることは、単に大きな負荷に耐えられるだけでなく、筋肉の収縮作用により血行が良くなる効果も期待できるため、背中の痛みの防止に役立ちます

 

いずれにしても長時間同じ姿勢で就寝していたり、寝相が悪く不自然な形で寝てると、筋肉の緊張が長時間続き筋肉が圧迫され血行が悪くなったりして、肩や背中がこりやすくなります

 

肩こりの原因は、そのまま背中のこりや痛みの原因にもなります。
それらの症状を改善するには、寝床の布団やマットレスを自分の身体に合った物にしなければなりません

 

多くはベッドが柔らか過ぎて、身体が沈み、背骨の形状が変わり、その状態が長時間に及ぶ事で、背骨や腰骨、筋肉に無理が掛かって痛みが発生する事のようです。就寝中の寝返りによって、身体のゆがみやズレなどが改善されることが解っています。

 

yajirusi

 

人気マットレスおすすめ