MENU

熟睡できるお酒の飲み方

日本人のアルコール摂取量というのは、外国の人と比べるとそれほど多いわけではありません。ところが、ある調査結果によりますと、夜寝る前にアルコールを摂取する割合が、日本人は外国の人と比べても非常に多いという結果が出ているのです。より具体的に言うと、不眠を解消するために寝る前にお酒を飲むという人の割合が、日本が他国と比べても非常に多いということです。つまり、日本人はお酒を飲めば眠れると思ってる人が多いということです。

 

確かにアルコールを摂取すると眠くなります。しかし、それが快眠につながっているのかというと、どうもそうではないようなのです。本来睡眠というのは、脳と身体を休めるためのものです。ところが、アルコールを摂取すれば、その摂取したアルコールを分解するために肝臓などが働き続けなければなりません。大量のアルコールで眠くなっても、それは本来の眠りではなく、アルコールの作用によって中枢神経が麻痺してしまっているだけでなのです。また、本来睡眠中に行なわれる様々な身体の機能回復が行われなくなってしまいます。つまり、アルコールは快眠につながるどころか、逆に質の良い眠りを妨げ、眠りの質の低下を招いているということです。

 

さらに、アルコールで眠ろうと思うと、アルコールは興作用を持っているために少量では効果がなく、かなりの量を摂取しなければ眠れなくなってしまいます。恐ろしいのは、しだいに身体がアルコールに対して耐性ができてしまうので、アルコールの摂取量はどんどん増えてしまいます。その結果、アルコール依存症プラス不眠と言うことにもなりかねません。

 

ちなみにアルコールを摂取した日の朝は、いつもよりも早くに目が覚めることがあります。目覚めも良く、よく眠れたと感じることも少なくありません。しかしこれはアルコールが分解されて中枢神経の麻痺状態からが解放され覚醒中枢が働き始めたためで、脳と身体はほとんど休めていません。つまり、睡眠不足と同じ状態なのです。このような状態を毎晩続けていたら、中枢神経のバランスも崩れてしまい、健康にも大きな悪影響を与えてしまうことでしょう。

 

快眠を求めているのなら、アルコールではなく、違った方法を考えるほうが良さそうです。まず、生活習慣を見直すことです。朝は決まった時間に起きることを心掛け、朝日をたくさん浴びるようにします。そして、昼間の時間は適度に身体を動かします。ウォーキングなどの運動などが効果的です。このような起きている時間の行動が、すでに快眠のための準備となっていくのです。

 

そして、最近は科学的な実験データに基づいた高機能マットレスが質の良い睡眠と関係があるということで注目されています。どのようなマットレスが質の良い睡眠に良いのかというと、まず眠っているときの姿勢が良くなるようなマットレスが良いとされています。寝方が悪いと朝起きたときに、身体の節々が痛くなったりすることがあります。これでは、熟睡できたとは言えません。おそらく夜中中、身体が痛いために何度も寝返りをしているので、熟睡することができないのです。

 

高機能マットレスというのは、この眠っているときの姿勢が真直ぐになるように考えられています。横向きで眠る場合であれば、横から見た状態の背骨が真直ぐになっていることが望ましく、また仰向けで眠る場合は、背骨のラインにそった形になっていることが望ましいとされています。そのためには適度な反発力が必要となり、体圧も一部に集中しないように分散させることが重要になってくるわけで、高機能と謳われているものは、この点で優れているものが多いのです。

 

しかし、低価格のマットレスを使うと、柔らかすぎる場合は腰が沈み過ぎて不自然な恰好になってしまったり、逆に硬すぎると身体が反り返ったような感じになり、身体の一部に大きな負荷がかかってしまいます。このような状態で8時間近くいるということを考えると、快眠は難しいということは誰でもわかるでしょう。

 

また、快眠には体温も重要になってきます。ノンレム睡眠に入るときは体温が下がります。ところが低価格なウレタン素材でできたマットレスの場合、通気性が悪いために、熱や湿気がこもりやすく、体温が下がりにくいという欠点があるのです。温度を測れば、身体と接している部分は36度前後まで上昇します。これでは夏場などは暑くて寝苦しいわけです。しかし、高機能な素材のものの温度は通気性が非常に良いものが多く、熱や湿気をうまく逃がすことができる構造になっているために、身体と接している部分でも28度前後まで下がります。その結果、自然と深い眠りに導かれるのです。

 

このような高機能なものは、お値段も高額になりますが、質の良い睡眠を求めるのなら、お金には代えられません。また、実は耐久性が非常に高いために、長い目で見れば決して高いとも言えなくなってきますので、一考の価値は十分にあると言えるでしょう。