マットレス不要でいらない敷布団おすすめセットはこれ!極厚ボリューム

MENU

マットレスのいらない・不要だけど厚みあって腰痛にならない敷布団

皆さん、新しくベッドを購入したり、新居に引っ越ししたりすると
当然の様に、マットレスを買わないと! と思う人多いと思うのですが

 

そもそもマットレスって何のために購入しますか?

 

だって、それが常識でしょう?
敷布団だけだとすぐに布団が痛んでしまうのでは?
マットレスが無いと寝心地が悪いから
マットレスが無いとベッドやフローリング畳に湿気が届いて痛めるから?

 

少し考えるとこれだけの理由がありますし、購入するのが当然だと思って
マットレスを選ぶと思うのですが、

 

本当は、敷布団だけで床に底つき感が無いほど厚み(ボリューム)があって、
寝心地が良ければマットレスって必要ありません。

 

また床やベッドフレームに直接布団を敷くと、湿気が布団を伝わって
床やベッドフレームにダメージを与えると思う人もいますが、

 

これはその途中にマットレスがあっても同じ話で、マットレスを敷布団の下に置けば
マットレスも定期的に干さないと湿気がこもって、
ベッドや床に影響があります。

 

干すという手間だけ考えても、敷布団とマットレスを両方使うと
両方干さないといけないので、マットレスを使うと逆に面倒になります。

 

>>私がおすすめするマットレス不要の極厚敷布団<<

 

布団だけだと薄いのでは?

昔の布団は薄い物が多く、また、少し値段が高いもので詰め物が良い状態の物でも
しばらく使用すると、ヘタってしまいすぐに薄くなってしまう物ばかりでした。

 

また、厚みがある敷布団は大体が柔らかい物が多く、初めて横になると気持ち良いと
思うのですが、

 

実際に寝てみると、柔らかくて体が沈み込んでしまうため、体の重い部分である
頭やお尻が沈んでしまい、

 

肩こりや腰痛の原因になっていました。

 

 

厚みのある敷布団を販売しているメーカー&お店は?

最近では、厚みある敷布団でマットレス無しでも使える(メーカーは推奨はしていませんが)
布団は増えています。

 

安くて品ぞろえが良いニトリでは
10,000〜20,000円程度で購入が出来ます。

 

マットレス不要敷布団

 

ただ、私は過去に何度もニトリやドン・キホーテ、地元スーパーで安い布団を購入した事
があるのですが、やはりヘタリや寝心地(腰が痛くなる)と感じて、1年も使わなかった事がある
ので、今では購入はしていません。

 

寝心地は2の次で、安くてそれなりが良いというのであればニトリは良いかもしれません

 

高級西川の敷布団

高級老舗布団メーカーの西川も様々な種類の敷布団を販売しています。
寝心地良く、ヘタリも少ない耐久性ある商品はありますが

 

値段もそれなりです。
(50,000〜100,000円程度)

 

また種類も多いのでどれを選んで良いのか分からないというのが悩みどころです。

 

西川極厚敷布団

 

私が使用しているおすすめ敷布団

そこで、マットレス&敷布団を10種類以上購入している私がおすすめしている
敷布団が

 

最近テレビCM宣伝で有名になってきている

 

雲の安らぎ です

 

ちなみに、当サイトは”マットレス”を紹介するサイトになっていますので
余り敷布団は紹介しないのですが、

 

この敷布団が余りに品質も良く値段も手頃なので、
マットレスを差し置いて紹介させて頂きます(^^;

 

フローリングで使用できるマットレスいらない極厚ボリューム敷布団

 

名前が特徴的なのですが、寝心地としては手で触ると体に接する部分が柔らかくて気持ち良い
のですが、実際に横になって寝てみると沈みこみがなく、

 

ベッド式マットレスで良く使われるコイル式の様に、反発力があってしっかりした敷布団です。

 

細かいところの紹介は雲の安らぎのホームページに書いてありますが、

 

今、マットレスでは常識になっている”体圧分散” ”高反発”性のある敷布団で

 

耐久性、使用感、安全性

 

3つを重視した敷布団では珍しい商品です。

 

敷布団で、腰痛や肩こりの人を考慮した
”体圧分散”や”高反発”の機能を持った商品はまだ余りありません。

 

家でも実際にこの”雲の安らぎ”を子供が小さい時にベッドの上だと落ちるのが怖いので
使用し、今も来客があると使用していますが
来客(といっても親戚が多いですが)の人がこの布団を使うたびに、

 

”この布団、家にも欲しい!”と言うぐらい今までの敷布団とは寝心地感が
違います。

 

寝ている写真を撮るのが難しいので、10kgのダンベル(重り)をこの布団の上に置いて
みましたが、沈みこみがほとんどありません

 

雲の安らぎ体圧分散

 

私の主人が腰痛持ちで、それが原因で夜なかなか寝付けない、また、寝ていても
夜中起きてしまったり、朝も腰が痛くて目が覚める、、、、

 

そんな上体が続いていました。

 

それがきっかけで、腰痛に良いマットレスや敷布団を探して沢山購入をしたので
同じ様な悩みを持つ人におすすめの商品を紹介しよう!というのがきっかけで
このサイトを作成しました。

 

なので、特に腰痛の人に悪い、沈みこむ敷布団、あと家には子供が生まれたので
赤ちゃんにも優しいアレルギー対策ができている布団

 

この2つは特に気にして商品を選択しました

 

 

雲の安らぎの悪いところ

 

この雲の安らぎの良いところばかり紹介すると偏った情報になるので、
悪いところ(デメリット)も考えてみました。

 

そこで思いついたのがこの3つ

 

 

厚みがありすぎる

 

標準のシーツでは覆えない

 

値段はそこそこ高い

 

厚みがありすぎる

厚みがあるのが、この布団のメリットなのですが、余りに厚いので
押し入れなどにしまう時に場所をとります。

 

普通サイズのシーズだと覆えない

一般的なサイズのシーツだとこの敷布団を覆えません。
雲の安らぎで販売しているシーツを購入するか、
ワンサイズ上のシーツを購入することをおすすめします

 

値段について

 

この雲のやすらぎ

シングルサイズが 39,800円
セミダブル     49,800円
ダブルサイズ   59,800円

 

という価格です。

 

マットレスを使用しない分、多少高くても良いという考えであれば
お得だと思いますが、
敷布団でこの値段は高い!と思う人もいるかもしれません。

 

ただ、マットレスを単体で普通に購入しても、この程度の値段以上しますし、
耐久性が良く長く使える商品なので、
安い値段の敷布団を何回も買い替えるよりも、私としては
おすすめです

 

 

雲の安らぎ干す必要性と頻度は?

当然のことながら、この雲のやすらぎも、使用すれば寝汗などの湿気を吸い取るので
1週間に1回程度は干した方が衛生的です。

 

また、寿命を長くするために両面が使用できる様になっているので
たまに表裏を逆に使用することをおすすめします

 

 

最後におすすめのポイント

 

この雲の安らぎのおすすめポイントが実はもう1つあります。
それは、
100日間の返金保証
があることです。

 

100日間使用して、それでも満足できない場合、返品すればお金が戻ってくるんです。

 

布団などは、一度お客さんが使用すると、それを売ることは出来なくなりますが、
やはり使用しないと分からないというユーザーの声をきいて
取り入れたサービスで

 

実はこの返金保証は私が購入した3年前はありませんでした(^^;

 

あれから販売実績が増えて、メーカーも自信がついた現われだと思います。

 

 

雲の安らぎ公式サイトキャンペーン

 

時期によって、公式サイトではキャンペーンを行っています。
ただ、値段が安くなるキャンペーンは過去無かったと思いますが、購入の際は
チェックしてみて下さい。

 


>>雲のやすらぎ公式サイト<<
雲の安らぎ評判