腰痛入浴方法

MENU

腰痛入浴方法

 

腰痛入浴方法

入浴が腰痛に良いとされる理由は大きく分けて二つあります。まずひとつ目は、入浴により全身の血流が良くなり、腰痛の原因となっている、筋肉の緊張が緩和される為です。

 

もうひとつが、お湯の浮力によって腰にかかっている負担が軽減し、痛みが和らぐ為です。

 

ただ入浴するだけでもこの様な効果を得られますが、さらに有効な方法を知っておく事で、より高い効果を実感する事ができます

 

ここでまず気をつけなければならないのが、激しい運動による腰痛や、ぎっくり腰など、急性の腰痛の場合は、入浴はかえって逆効果であるという事です。この場合はむしろ冷やする事が有効なので、湯船には浸からず、入浴もシャワーで軽くすませる様にしなければなりません。

 

それ以外の場合に有効な入浴方法は、まず、40度以下のぬるめのお湯を、みぞおちあたりまで来る程度の湯量をバスタブに張り、半身浴をします。これは、水圧によって心臓に負担をかけない為です。

 

10分から30分程度を目安とし、腰に負担のかからない体制を心がけましょう。額に汗が滲んでくるのがだいたいの目安となります。

 

一度肩までさっと浸かってから湯船から上がり、45度から50度のやや熱めのシャワーを浴びます。
これによって、全身の血流をさらに高める事ができます。

 

特に効果を得る必要のある背中や腰などに勢い良く浴びせると、より効果が高いです
腰痛を和らげる為に効果的な入浴方法を知っておくと、いざという時の症状の悪化を防ぐ事ができます。

 

関連ページ

腰痛ストレッチ方法
腰痛ストレッチ方法
おすすめ腰痛マッサージ
おすすめ腰痛マッサージ