腰痛ストレッチ方法

MENU

腰痛ストレッチ方法

 

腰痛ストレッチ方法

腰痛の痛みや予防をするためには、腰の柔軟性を保つことや血行を良くすることが必要です。

 

そのために有効なのがストレッチになります。仕事の合間や自宅でじっくりできるものなどがありますが、どのような方法でも長く続けていくことが重要となります。

 

会社でできるストレッチとしては、椅子に浅く腰をかけたら膝の上に手を置いてゆっくりと息を吐きながら上体を前に倒していきます。無理のない程度まで倒したらその姿勢を5秒キープし、ゆっくり元に戻ります。

 

椅子に座ったまま、姿勢を正して後頭部で手を組んだらゆっくり息を吐きながら右側に身体を倒していきます。この時反対側が伸びていることを意識することが重要です。反対側も同じようにしていきます。

 

最後に腰に手を当ててゆっくり息を吐きながら身体を捻っていきます。姿勢を5秒キープし、息を吐きながらゆっくり身体を戻していきます。これも左右同じように行ないます。

 

自宅で気軽に行ないたい場合は、仰向けに寝た状態で軽く膝を曲げて太股に手を当て、ゆっくり上体を起こして5秒キープし、ゆっくり元に戻ります。10回行うと効果的です。このときしっかり腹筋を意識していきます。

 

骨盤の歪みを改善するには、仰向けで膝を曲げた上体で、腕を身体の横に置いて背中をしっかり床に押し付けたら、お尻を浮かせて5秒キープします。ゆっくりもとの姿勢に戻って10回行なうストレッチが有効です。

 

ストレッチを行なう時は無理をせず、毎日継続して行なうことが大切です

 

 

 

関連ページ

腰痛入浴方法
腰痛入浴方法
おすすめ腰痛マッサージ
おすすめ腰痛マッサージ