マットレスのおすすめ処分方法

MENU

マットレスのおすすめクリーニングと処分方法

 

マットレスのおすすめクリーニングと処分方法

今回はマットレスのクリーニング方法についてを説明していきます。

 

マットレスは快適に過ごすためにはなくてはならないアイテムのうちの一つですが、手入れの方法苦労する人は多くいます

 

何年も洗わずに放置しているようでは、ダニカビなどによって汚れてしまうことは確実であるため、なるべく頻繁に手入れをしなくてはなりません。

 

マットレスを清潔に保つためのクリーニング方法の一つに、掃除機がけがあります。掃除機は基本的には床などのフローリングに対して使用していくことが一般的なのですが、マットレスに対しても応用させることができます

 

全体を均等に掃除機掛がけしていくことによって、大抵のほこりは除去することができますし、コストの面でも非常に有用な方法と言えます。

 

また、次なる方法としては日干しがあげられます。太陽の光には殺菌作用があるため、布団を外に干すという考え方と同じで、マットレスを日当たりのいい場所に長時間おいておくことによってある程度清潔にすることができるのです。

 

また、外にマットレスを干すことによって風に当てることもできるため、湿気に困っているという方でもこの方法で解決を図ることができます。また、基本的にはマットレスは片側しか使うことがありませんが、何か月に一回かは裏返して使うことによって清潔に保つことへとつながっていきます。

 

こまめな作業ではあるのですが、どの方法もコストがかからないものばかりであるため、クリーニング方法としては大変にお勧めすることができます

 

 

処分方法

 

マットレスの寿命は10年程度と言われています。ものによってはその前に寿命が来るケースがあります。マットレスの寿命が来た、まだ使えそうだけど新しいものに買い換えたいというとき、処分方法については知っておいたほうがよいでしょう。

 

自治体が指定する粗大ゴミとして処分するという方法があります。その場合、1000円程度のチケットを購入して、所定の場所まで持っていく必要があります。所定の場所が近くにあるなら簡単ですが、距離がある場合にはそう簡単にはいかないでしょう。そのままでは車にも入りません。

 

まだ使えるものなら、リサイクルショップに売るという方法もあります。しかし、ベットやマットレスというのは、どんな人が使っていたかわからないので、中古品は売れにくい傾向があります。

 

やや費用はかかりますが、不用品回収業者に依頼をすれば自宅まで引き取りにきてもらえます。不用品回収業者は便利ですが、中には許可を受けていない業者や、悪徳業者も存在するので注意しましょう。

 

新しいものに買い換えるケースでは、販売店に古いマットレスを引き取ってもらうこともできます。無料で引き取ってもらえることもあれば、3000円程度がかかることもあります。

 

また、中にコイルが入っていないものなら、自分で分解することができる場合もあります。中にコイルが入っているものを分解する場合には、怪我などをしないように気をつけましょう。

 

結論としては、ややお金はかかりますが、不用品回収業者や販売店に回収をお願いするのが一番手軽です