マットレスおすすめランキング|腰痛肩こり

MENU

マットレスおすすめ人気ランキング|買う前に絶対確認

 

おすすめマットレスマットレスの購入で悩んでいませんか?

 

デパートや大型ショッピングセンターの寝具コーナーではテレビのコマーシャルなどで人気のおすすめマットレスが沢山展示してあり、

 

試してみると、”こんな快適なんだ〜!!” とビックリしませんか?

 

でも、値段を見てみると、その値段にまたもビックリしてしまいますよね?

 

最近のマットレスは、良い物であれば10年以上使える耐久性の高い物で、このマットレスにより
腰痛や肩こり、背中の痛みの無い、質の良い睡眠が得られるのであれば、

 

ある程度、値段が高くても仕方が無い、、、、と思いたいのですが、具コーナーなどで試しに横になっただけでは本当にそれが自分に適しているのか分からないと思いますし、購入するには大きな決心が必要だと思います。

 

当サイトでは、現在人気の有名マットレスの特徴や口コミ、評判などをまとめ、特に腰痛や肩こりの方におすすめのマットレスをランキング形式で紹介しております。

 

評判*おすすめのマットレス

 

最近人気の体圧分散マットレスがおすすめの理由

 

最近、人気のマットレスは”体圧分散”を売りにしているマットレスがほとんどです。
体圧分散マットレスは、寝ている時に頭や腰、お尻など、重いところだけに荷重(負担)が掛からない様に
体全体に重さを分散させる構造になっているため

 

腰痛や肩こり、背中の痛みにおすすめ出来るマットレスなのです。

 

しかしながら、その体圧分散方式は、メーカーにより考え方や仕組みが多少異なっています。

 

点で支えるのを売りにしている西川エアーや、体全体で分散される様に硬い層と柔らかい層を組み合わせている
メーカーもあり、どれも一長一短あるのですが、詳細にはその人の好みによっても、おすすめのマットレスは異なります。

 

勿論、購入にあたっては値段の問題もあるので、当サイトのおすすめランキングでは、

 

  1. 体圧分散で高反発のもの*低反発は腰痛肩こりの人にはおすすめ出来ません
  2. 値段・料金がお手軽なもの
  3. 返品制度が充実しているもの
  4. 耐久性が良いもの
  5. 収納性に優れているもの

 

この5点を中心に評価を行い、総合的にランキング形式にしております。
*売上個数、売上高の順番では無い点はご了承下さい。

 

腰痛マットレスランキングおすすめモットン

マットレスモットンの特徴

テレビなどでは宣伝多くは宣伝されていませんが、高反発の体圧分散マットレスでは人気の商品で主に通販サイトで販売されているのが、モットンです。モットンの強みは何と言っても
”90日間の返金保証制度”です。
この返金保証は、一般的な商品に欠陥があった場合の返金保証では無く、
使ってみて、自分には合わないと思ったら返品して良いという驚きの保証制度です。

価格 39800円
評価 評価5
備考 悩んでいるなら返品保証があるモットンをおすすめします
マットレスモットンの総評

西川エアー、エアヴィーブ、マニフレックスを使用しているサイト管理者である私も現在、一押しの商品です。

雲のやすらぎ口コミ

雲のやすらぎの特徴

まるで雲の上の寝心地!春夏も冬も快適!TVで話題の体圧分散敷布団

メディアなどでも取り上げられ、多くの口コミサイトで ランキング1位を獲得したことのあるのが『雲のやすらぎ』敷布団です。 なんと厚みは17センチ!独自の体圧分散製法で体に負担がかかりにくく、 オールシーズン対応のリバーシブルで、寝苦しい「夏」も非常に快適!

価格 39800円
評価 評価4.5
備考 マットレスというより敷布団タイプなので、畳などに直に敷くにはおすすめです
雲のやすらぎの総評

安心の日本製で、通気性・防ダニ・防菌・防臭・春夏&秋冬両用で使用可のリバーシブル設計!負担をかけないふんわりした寝心地が好評です。

 

 

腰痛解消に体圧分散マットレスがおすすめの理由

 

人間にとって、身体と頭を休ませる睡眠は、絶対必要不可欠なものです。
睡眠は、睡眠中に身体の細胞の再生や、多くのホルモンの分泌が行なわれ、日々の疲労回復や頭脳の記憶の整理などを行っています。

 

睡眠不足

 

おすすめマットレス

睡眠が不足すると、免疫力低下や自然治癒力の低下などの影響が有り、ホルモンの分泌にも悪影響を及ぼし、胃や腸の調子が悪くなったり、特に女性の美容にも影響が有り、肌は悪くなりハリも無くなります。

 

睡眠不足は肥満を招くとも言われています。

 

それは、睡眠不足によってレプチンと言われる食欲抑制ホルモンの分泌が低下し、グレリンと言う食欲増進ホルモンの分泌が増え、食欲ホルモンのバランスが乱れて肥満につながると考えられています。

 

また睡眠は、熟睡しないと睡眠不足と一緒で、身体の調子に悪影響を及ぼします。
人生の、1/4から1/3は睡眠時間なわけですから、熟睡できる環境を作る事が必要になってきます。

 

 

モットンの購入体験談

ネット通販で人気の高反発マットレス”モットン”は、寝具店やショッピングモール、デパートでは
販売していない為、試しに寝転がって感触を試したい! という事が難しい商品です。

 

そこで、当サイトではモットンを実際に購入した方に使用した感想を聞きに行きました

 

→モットン購入体験談

 

 

寝床とマットレス

 

熟睡できる環境に、寝床の問題が大いに関係が有ります。
寝床によって、健康を維持するために必要な睡眠も場合によって治癒力の低下で肩こりが起こったり、背中が痛くなったり、腰痛などを起こしたりします。

 

一般的には、温泉などの高級ホテルなどにある、立派なベットにフカフカで柔らかいマットレスの惹かれた寝床が最高と考えられていますが、柔らかいマットレスは腰が沈み背中や腰に負荷がかかり、背中が痛い症状腰を痛める原因になってしまいます。また、硬い寝床では肩や腰に負担がかかり、肩こりや腰痛などを起こしてしまいます。

 

硬すぎず、柔らかすぎないマットレスが熟睡を誘います
伸び伸びと寝返りをしても、肩こりや腰痛を起こさない事が理想的な寝床です。
人間の身体にとって肩こりも無く、腰痛も起きないマットレスは、高反発で凸凹が有り、身体に隙間なく体圧分散が出来るのが理想的です。

 

備考>おすすめのマットレス

 

腰痛と肩こり

 

肩こりや腰痛にも色々な原因が有りますが、大きな違いは肩こりは血行が悪くなって起きるもので、マッサージなどで緩和されます。

 

腰痛は多種多様で、筋肉から来るもの、骨の異常によるもの、内臓からくるものなどが有ります。
筋肉からの腰痛はマッサージなどで筋肉の緩和により治るものです。

 

骨の異常による腰痛が厄介で、骨格のゆがみやずれは椎間板ヘルニアや腰推すべり症なども考えられ治療の必要が有ります。

 

内臓による腰痛は、内側から肥大した内臓が腰推や腰の筋肉の神経を圧泊し起こります。
これは内臓疾患の病気を治さなければなりません
まれに、血管の疾患である動脈硬化で起きる動脈瘤が、腰に発生し激痛をもたらす腰痛も有ります。

 

更に老化によるものも有りますが、これは年齢と共に筋力が衰え、骨も弱くなり体力も落ちて自分の体重を支え切れなくなって腰痛が起きますが、半分は已むおえず、半分は体力維持や筋力維持のためスポーツジムなどで鍛えるしか方法はありません

 

PR☆おすすめのマットレス

 

低反発マットレスが腰痛にはおすすめ出来ない理由

 

おすすめマットレス

腰痛は色々な原因が有りますが、そもそも重たい頭を支えている事が原因の多くです。

 

横になって楽になるのは、重たい頭を支えなくてよいからです。

 

低反発のマットレスが、腰痛改善を謳い販売されていますが、全く逆で低反発は反発力が無いため身体が沈み、逆に腰に負担をかけると考えられます。

 

高反発で凸凹が有り、身体に隙間なく体圧分散が出来るマットレスとは、身体を均等に持ち上げ、肩からお尻まで背骨が一直線になってゆがみのない体勢で睡眠できるマットレスです。

 

上を向いても寝がえりをしても身体が真っ直ぐになる事によって、肩や腰への負担は無くなるのです。
人間の身体は同じ姿勢で就寝すると、頭や胸などに重みがかかり疲労が蓄積しますが、寝返りをすることで、身体のゆがみを調整し整体をしています

 

年齢を重ね、筋力が落ちれば寝返りの量も減っていきますが、高反発、体圧分散に優れたマットレスなら多少筋肉が落ちてもカバーすることが出来るのです。
背中が痛いとか腰痛の症状のある人は、高反発、体圧分散できるマットレスが効果を感じられます。
健康な熟睡ができる睡眠をとる事が、人間の身体には必要です

 

参考:おすすめのマットレス

 

マットレスおすすめの選び方

 

マットレスは睡眠中の体のサポートにとても大切な意味があります。

 

体にあっていないマットレスを使うと、快眠できないだけでなく腰痛などの原因にもなってしまいます。そこで早速ですが、マットレスの上手な選び方をご紹介しましょう

 

マットレスは寝ているときの体重をバランスよく分散する働きがあります。
体重をささえて腰などの一定部分に体重がかかりすぎないように重さをバランスよく分けてくれるのです。

 

またマットレスは布団とは異なり、通気性や吸水性が高いため衛生的でもありますよね。
ベッドはとても場所をとる家具の一つですが、最近ではこのようなメリットが重要視されて布団よりもベットを使用する方がとても増えています

 

快眠、腰痛対策など、それぞれの目的によって自分の体にフィットしたマットレス選びが大切です。
色々な種類、そして金額も異なりますので、質と価格のバランスがあったものを選びたいですね。ではどんな種類のマットレスがあるのでしょうか。

 

マットレスの種類

 

ベッド式マットレス

ベッド式マットレスとは、ベッドのフレームの上に直接置く厚みのあるマットのことで、
素材は一番オーソドックスなのがスプリンプといってらせん状にボンネルコイル(金属性)
を巻いたもので、

 

この上位互換的な高密度連続スプリングというタイプの物もあり、
違いとしては通常のスプリングのものよりもより固く沈みにくいものとなっていて、

 

寝返りも打ちやすく腰痛のある人などからすると寝ている間の痛みが出にくいため、
特にそれなりに体重がある人などはこちらの方が適しているといえますが、

 

価格は通常のスプリングタイプにくらべると2倍程度高くなります。

 

これらはどちらも固めに出来ている為、もう少し柔らかい方がよいという人向きに
作られたのがポケットコイルマットレスです。

 

これはボンネルコイルをむき出しのまま連結させて並べたスプリングタイプに対して、
1つ1つのボンネルを袋に入れてそれを敷きつめるという形を取っているのですが、

 

こうすることでより体圧に合った沈み込みを可能にしていて、身体を動かした時の
横揺れやキシミなどもしにくいようになっています。

 

いわゆる「身体を面ではなく点で支える」という作りになっている為、
より身体にフィットした沈み込みが体圧を分散させ、

 

身体そのものへの負担も軽くしてくれるのですが、スプリングタイプのものよりも
耐久性が低く、逆に価格は高くなっている(約1万円くらい高い)のでコスパ面では
やや難があるともいえますが、

 

自分の好みとどちらが身体に合うかを考慮した上で選択する必要があります。

 

布団用(直敷マットレス)

一方の布団用のマットレスですが、こちらは当サイトで主に紹介しているマットレスで
イメージとしては敷布団だけだと厚みや柔らかさが足りない、つまりクッション性を補う為や、

 

冬場などは背中側の寒さを軽減するなどの目的で主に3つ折り〜4つ折りの
形のものになっていて、お値段的にも1万円の安価な物から10万円ほどの
最近ではベッドタイプマットレスと同レベルの品質を備えた物があります。

 

 

 

オーバーレイマットレス

 

ウレタンや樹脂素材を使用した第3のマットレスというものが登場してきてこれが
にわかに脚光を浴びてきました。

 

オーバーレイとは薄く覆うという意味ですが、この名前が表すようにベッドや布団を
覆って身体に直接触れることで効力を発揮するものとなっています。

 

このタイプの最大の特徴は軽くて薄めで持ち運びも可能であり、
必ずしもベッド上ではなくても布団の上や床の上などでも使用できるという
利点があることと、大抵は同じシリーズの枕もあるので、

 

両方使うことでより理想的な寝具にすることが出来ます。

 

先に発売された低反発はポケットコイル以上の身体へのフィット感で
衝撃吸収力と体圧の分散力の高さによる、

 

包まれているかのような抜群の心地よさがあり、これによって寝ている間の身体への
負担そのものは大幅に軽減されるので、
病身の人などには非常に有効性が高い場合があります。

 

価格も現在はかなり低価格化が進んできていて2万前後くらいのものが多くなっています。

 

しかし、デメリットとしてはあまりにも沈み込みがあるため、
寝返りを打ちにくいという面があり、これがかえって腰痛や肩こりなどを
招きやすくなることもあり、完全に不向きな人もたくさんいます。

 

これはコイル式(ベッド式)のものとも共通するところですが、体重が重い人ほど
沈み込みは深くなるため、寝返りを打とうとするとそれだけ身体側の力が必要になってきます。

 

つまりそれだけ身体に負担がかかってしまうという訳です。腰痛などがある人は
当然沈み込みが深いと脊椎のS字が崩れやすくなりその分腰に負担がかかってしまうため、
寝ている間の痛みがアップするという訳です。

 

この問題を改善したのが後発の高反発です。体圧分散力も残しつつ、
低反発よりも固くすることで反発力を高めているため、楽に寝返りが打ちやすく、
しかも身体への睡眠中にかかる負担も少ないというのが大きな魅力です。

 

ただ、低反発に比べると価格はかなり高くなってしまい、けして手軽に購入出来るという
所まではいっていません。
更にオーバーレイの問題点は耐久性が非常に低いという点です。

 

低反発に比べれば高反発の方が長く使えますが、それでもやはり高反発でも長くて
寿命は5年くらいと言われていて、へこんだままのものを使い続けるのはかえって
身体に悪い場合もありますので、我慢して使い続けるという訳にもいきません。

 

また、下になっているマットや敷布団、そして枕などとの兼ね合いによっても身体に
感じる変化は出てきますので、、出来る限り実際に実店舗などで
寝心地を試してみることや、それぞれのメリットとデメリットもしっかりと見据えた上で
本当に良いと感じられるものを選ぶ必要があるといえます

 

 

口コミ(おすすめのマットレス)

 

高反発マットレスがおすすめの理由

 

おすすめマットレス

高反発マットレスは、特に腰痛改善として人気がありますが、しっかり体をサポートして体重がかかりやすい腰の部分の体重を分散をすることができます。

 

しかし高反発マットレスは値段が高いことがちょっと気になりますよね。

 

そこでおすすめしたいのが、返金制度のある商品です。どんなマットレスでも一度は試してみないと効果がわかりません。値段の高いマットレスほどお試し期間があるといいですよね。

 

高反発マットレスで長年の腰痛が改善したという方はたくさん続出しています。
気になる方は、返金制度やお試しができる商品で一度試すことをおすすめします。
快適な睡眠がどれほど健康に影響を与えているかぜひ実感してくだいね

 

重要!おすすめのマットレス

 

 

モットンがおすすめの理由

 

「モットン」は、毎日長時間のデスクワークをしている方などで腰痛を持病とされている方にとって特におすすめのマットレスです。
マットレスには高反発マットレスと低反発マットレスの二種類がありますが、腰痛に悩まれている方にとっては低反発マットレスを使うと腰痛が更に悪化することになります。低反発マットレスで寝ると腰が沈み過ぎて血行が悪くなり、また体の歪みの原因にもなるため腰痛が悪化してしまいます。寝起きの腰の痛みの改善には高反発マットレスが効果的です。
腰痛対策に効果的である高反発マットレス「モットン」の特徴として次の点があげられます。

 

(1)体全体に圧力が分散されること

 

体全体に圧力が分散されることを「体圧分散」といいます。薄い敷き布団や硬い敷き布団だと寝ている最中に腰やお尻に直接的に負荷がかかってしまい、体が歪んで腰痛の原因となりますが、高反発マットレスはこの体圧分散に優れています。体の一部に負荷がかからないので、寝ている最中に体が歪まず腰に優しい姿勢で寝ることができます。

 

(2)寝返りが打ちやすいこと

適度に寝返りを打つのは、身体の血行を改善することで腰痛対策に効果があります。低反発マットレスは体が沈み込んでしまうため寝返りをうつのが難しく、血行が悪くなり腰痛悪化の原因となってしまいます。

 

(3)耐久性が高いこと

 

すぐへたるような高反発マットレスは高反発マットレスと呼べません。腰痛対策としてはへたってしまったマットレスは効果がありませんので、耐久性が高いマットレスを選ぶことが重要です。「モットン」は10年以上使用することができます。

 

(4)90日の返金保証があること

 

高反発マットレスが腰痛に効果があると言っても、それぞれの素材や買われた方の骨格・筋肉の付き方などによって相性があります。このため、腰痛に効果があると言われる高反発マットレスを購入してみても、人によっては効果を発揮しない場合があります。高反発マットレスは高価な買い物となりますので、返金制度のある高反発マットレスであれば安心です。モットンは90日の返金保証があり、使ったあとでも効果がないと感じれば代金を返してもらうことができます。

 

 

返品保証があるマットレスは

 

 

非常に多くの方が腰痛に悩んでおられます。腰痛を改善するためには、長時間座り続けるなど同じ姿勢のままでいないで、時々筋肉を動かしたりして、血液やリンパの流れを良くすることが大切です。また、ウォーキングなど適度な運動をして、腰や周辺の筋肉を鍛えることでも腰痛を効果的に改善、予防することができます。

 

もし、これらのことを行っているのに腰痛が改善しない場合、特に朝起きたときに腰が痛かったり、重たく感じたりするような場合は、マットレスが原因となっている可能性も考えられます。たとえば体に合っていないか、あるいはあまり良質なものではなく、腰に負担がかかるような不自然な姿勢になっているということが考えられます。

 

最近は質の良い睡眠を提供し、腰痛予防にも効果があると謳っている様々なマットレスが販売されるようになりました。有名なスポーツ選手も愛用しているということが宣伝されたりして、その効果の高さをアピールしていることも多いです。実際、多くの方の口コミなどを見ても、確かにマットレスを変えることによって、快適な質の良い睡眠が可能になり、疲れを翌日に持ち越すことなくすっきりと目覚めることができたり、腰の痛みが改善あるいは軽減したという人が多いようですので、確かに効果があることがわかります。

 

ただ、国内外様々なメーカーのものが販売されており、価格も決して安くはなく、価格にかなり幅もあるので、どれを選んだらよいのかわからないという声もよく耳にします。同じような効果を謳っていながら、素材がまったく異なっていたり、低反発と高反発と真逆の特性を持っていたりなど、様々な種類があり、より一層多くの消費者を迷わせる結果となっています。また、個人個人体格が異なりますし好みも違います。そのため、どのようなものがベストなのかは、個人差があり、口コミの情報も参考にはなりますが、自分自身にも当てはまるかどうかはわからないというのが正直なところです。

 

このような問題を解決するためには、実際に寝てみるのは一番確実です。ショップに足を運べば、横になることができるようになっている場合が少なくありません。そこで実際に寝てみると、柔らかいのか硬いのか、また柔らかさ、あるいは硬さの質はどうか、寝心地は良いか悪いかぐらいはすぐにわかることでしょう。低反発と高反発を寝心地の違いなどもしっかりチェックして比べてみると良いでしょう。

 

ただ問題が残るのは、ほんの一瞬寝てみるのと、一晩寝てみるのとでは、また感じ方が違ってくる可能性があるということです。さらに言うならば、一晩寝てみると、1か月寝てみるのとでも違ってくることでしょう。体は今まで使っていたマットレスに慣れているので、新しいものに変える場合、すぐになじまないことも多いからです。このように考えると、マットレス選びも当たりはずれがある賭けのような感じにもなってきます。

 

そこでおすすめなのが返品保証の有無です。もし返品することができれば、実際の寝心地を試してみることができます。返品保証のついた高反発マットレスを提供しているのが人気上昇中のモットンです。なんと90日間使ってみて、もし気に入らなければ返品することができるのです。これは画期的なことと言ってよいでしょう。90日間使えば、自分に合っているかどうか、その効果がどうかなど、しっかりと確かめることができます。もし問題なければそのまま使い続ければ良いし、気に入らなければ返品すれば良いわけです。

 

あるいは違う種類に変えることも可能です。モットンはそれぞれの体格に合わせて、3種類の硬さを用意しています。繰り返し行われた測定結果をもとに、体重が45kg以下の方は100N、体重が46kg〜80sの方は140N、そして体重が81s以上の方は170Nが最適となっています。しかし、実際に使ってみたら140Nよりも170Nのほうが良かったということもあるでしょう。そのような場合に交換することが可能というわけです。

 

このような返品保証があるモットンは、お試しのつもりで購入することができるのが魅力です。また、他社ではほとんど行っていない返品保証を付けているのは、モットンの自社の製品に対して自信をもっていることのあらわれでもあります。実際モニターの満足度は94%と非常に高い結果になっています。

 

なお、返品の方法に関しては、まず商品到着から90日間経過した後から手続きを開始することができます。その方法は2週間以内に返品フォームより必要事項を記入して返金依頼を行います。次に必要一式(本体、カバー、保証書)を指定倉庫宛てに返品すればOKです。すべての手続きが完了した後30日以内に、商品代金全額が返金されます。ただし、返品の際に発生する送料や各種手数料などに関しては、お客様負担になるので注意が必要です。心配な方はどの程度かかるのか予め確認しておくと良いでしょう。

 

 

人気のエアヴィーブの特徴は?

 

寝つきが悪い、しっかり眠ったつもりでも朝体がだるく、スッキリしないという方も多いようです。
睡眠時間をしっかりとっていても体の疲れがとれない、スッキリしないという方は、使用している寝具に問題があるのかもしれません。
質の良い睡眠をとるためには、寝具の中でもマットレス選びが重要です。
最近は、いろいろなタイプのマットレスが出ていますが、その中でも有名スポーツ選手などが使用していることでも話題になっているエアウィーヴが注目を集めています。

 

エアウィーヴおすすめポイント

 

そのポイントの1つに復元性の高さがあげられています。
人は眠っているときに平均して20〜30回ほど寝返りを打つと言われています。
そんなに多く寝返りを打っているとは思えないという方でも、一晩のうちに何回も寝返りを打って大勢を変えているのです。
そして、寝返りを打つとそのたびに体に余計な負担がかかるので、ゆっくり休むことができません。
エアウィーヴは、復元性が高いマットです。
エアウィーヴを指でぐっと押してみるとしなやかにマットの形が変わり、指を離したとたんにすっと素早く元の形に戻ります。
このように復元性が高いので、エアウィーヴで寝返りを打つとマットが体を押し返し、体の形に合うようにすぐにフィットするので寝返りを打っても体に負担がかかることがなく、ゆっくり休むことができます。
復元性が弱いマットを使っていると、体を押し返す力が弱いので、一部分の筋肉を使って寝返りを打たなければいけないので、眠っているときも体に余計な力を入れなければならず、眠りが浅くなってしまうのです。
朝スッキリ体がスッキリしないという方は、マットの復元性が弱いことが原因になっているのかもしれません。

 

エアウィーブの体圧分散

 

エアウィーヴは、体圧分散が優れているので、眠っている間に体に負担がかからないということが2つ目のおすすめポイントになります。
人は、起きているときだけでなく、横になっているときも体を支えています。
横になっているときは、頭、肩、腰、脚の4カ所だけで、体全体を支えているので、硬いだけのマットを使っているとこの4カ所に大きな負担がかかり、朝起きたときにこの4カ所に痛みを感じることがあります。
エアウィーヴは、あらゆる方向から体を支える仕組みになっているので、一部分に体圧が偏ることがありません。
エアウィーヴを使用すれば、朝起きたときに体に痛みを感じ、スッキリしないまま一日が始まってしまうことがなく、スッキリと活力に満ちた体で朝を迎えることができます。
もともと肩こりやひどいという方や、腰痛で悩んでいるという方も、エアウィーヴを使用すると、痛みの軽減も期待することができます。

 

エアウィーブマットレスで快眠

 

マットレスは、季節に合わせて変えるものではなく、一年を通して使用するものなので、夏は蒸れず、冬は保温性が高いものが理想的です。
エアウィーヴは、極細の繊維状の樹脂を編むような製法で作られています。
そのため、夏はとても通気性がよく、蒸れが起こることが少ないので、真夏の暑い季節でも湿気を感じることがなく、サラッとした感触で快適に過ごすことができることができます。
通常のマットは、就寝すると数時間で湿度が高いものが多いのですが、エアウィーヴは時間が経っても湿度が上がることはありません。
また、冬は、エアウィーヴは優れた断熱素材で構成されているので、適度な温かさを保つことができます。
暑さ寒さに自在に対応できるので、エアウィーヴを使用していると一年を通して快適な睡眠をとることができるという点が3つ目のおすすめポイントになります。

 

衛生面は?

 

布団やシールは干したり、洗ったりすることができますが、マットレスは簡単に干したり、洗ったりできるものではありません。
干すことはできても、洗うことは難しいというものがほとんどなので、洗いたいと思ったときは、専門のクリーニングなどに出さなければいけないものが多いです。
しかし、寝ている間に汗をかくことも多いので、マットが大量の汗を吸っていることも少なくはありません。
マットが汗で湿っていると、ダニが発生することもあり、それが原因で皮膚病やアトピーなどにかかってしまうこともあるので、マットを清潔にしておくことは重要なことなのです。
エアウィーヴは、外側のカバーだけでなく、パッドの内側まで水洗いをすることができます。
水洗いと言ってもお風呂などのマットも持って行き、40度以下のぬるま湯でマットを洗い流すだけで完了です。
気になる方は、中性洗剤を使用して洗い流しても可能です。
いつでも清潔な状態で利用することができるので、小さいお子様から年配の方まで安心して使用することができます。
いつも清潔な状態で使用することができるという点がエアウィーヴの4つ目のおすすめポイントです。

 

エアウィーヴは、今使用している寝具の上に重ねるだけで簡単に使用することできます。
三つ折りに簡単に畳むことができるので、マットの上げ下ろしも楽に行うことができるので、どのような家庭でも気軽に使用することができます。

 

 

元中日ドラゴンズ山本昌選手がモットンのCM宣伝に起用

元中日ドラゴンズの山本昌さん(投手)が、当サイトでも人気の高反発マットレス
モットンのテレビCMコマーシャル宣伝担当に起用されました。

 

山本さんが使用するマットレスモットンでの記者会見